19ストラディック 1000S 改造計画(2)19ヴァンキッシュのPGギアの到着‼︎各パーツ比較による巻き心地の考察

スポンサーリンク

こんにちは。ともにぃです。

19ヴァンキッシュ1000SSSPGのパーツが届いたので、早速19ストラディックをカスタムしました。

前回の記事を合わせて全4回の予定となります。

前回の記事はこちら。

やってしまいました。 PG化したい衝動。 一昨日の午前中。 入手していない19ストラディック1000SをカスタマイズしてPG化する...

長い記事ですが、どうぞお付き合いください。

到着したパーツ

今回は4点です。

ギア3点は16ヴァンキッシュと価格は同じで、据え置きでした。

まずは、19VQ10SSSPGドライブギア。

2,550円。

そして、19VQ10SSSPGピニオンギア。

1,850円。

最後に18STL1SSSPG 中間ギアL。

850円、これは18ステラと同じパーツのようです。

それから、おまけとして10STL2500アームローラーブッシュです。

2BB化の為に必要なパーツです。

19ストラディックの分解図を見ると、ラインローラーのパーツが特殊な形状なので使用しないかもしれませんが、手元に10ステラのアームローラーブッシュの在庫がなくなったので発注しました。

2019年の2月頃?価格改定で50円から100円に値上がりしたパーツです。5%アップで切り上げ50円だったかな?

2倍の金額になってしまいました。

もっと買っておけばよかったです。

マイクロモジュール化

ちょっとマニアックな情報ですが、以前の16ヴァンキッシュ1000PGSのドライブギア・ピニオンギア・中間ギアLは15ツインパワー1000PGSを流用しており、ギア面は荒くマイクロモジュールではないです。

ヘッジホッグスタジオさんにお願いしていたパーツが無事届きました。 今回は15ツインパワーC2000HGSをPGへギア比を変更す...

1000PGS以外の1000番台はマイクロモジュールなんですけどね。

左側が15ツインパワーC2000HGSで歯面が5枚、右側が16ヴァンキッシュ1000PGSで歯面が8枚です。

一方、今回の19ヴァンキッシュは11枚となり、マイクロモジュールとなりました。

中間ギアLについては、樹脂製??に変更になっているかもしれません。

サイレントドライブ体現と軽量化の為に、強度が不要な箇所は徹底的に非金属化していると感じますね。

各種比較

15ツインパワーC2000HGSと19ストラディック1000Sと19ヴァンキッシュ1000SSSPGの各ギアの比べてみました。

左から、19ストラディック、15ツインパワー、19ヴァンキッシュです。

ギアの自重差
19ストラディック・・・11.5g

15ツインパワー・・・10.6g

19ヴァンキッシュ・・・11.6g

重さはほとんど変わりませんね。

ドライブギア

まずはドライブギアから比較します。

強度がUPしているポイントは大径化ですね。

15ツインパワーC2000HGS
直径・・・26.55mm

厚さ・・・3.86mm

重さ・・・4.3g

これを基準に考えてみます。

19ヴァンキッシュ1000SSSPG
直径・・・28.09mm

厚さ・・・3.88mm

重さ・・・5.6g

19ヴァンキッシュのHPには、ギアの強度200%UPと読み取れる表記があります。

先日やっと、シマノスピニングリールの2019年の新製品が発表されましたね。 2019年は、1月の2週目に入るまでリークされる情...

自重は重くなりましたが、大径化したこととギアが噛み合う面も広くなったので、強度が200%UPしたということでしょう。

19ストラディック1000S
直径・・・28.22mm

厚さ・・・4.02mm

重さ・・・5.7g

誤差はありますが、19ヴァンキッシュと形状自重はほぼ同じでした。ドライブギアの素材が違うようですね。

この素材の差が、ストラディックとヴァンキッシュのギア強度の差につながっているものと思われます。

驚きと喜びの発表でしたね。 19ストラディック。 ※1000S、C2000S、C2000SHG、2500S、25...

15ストラディックから、135%位の強度アップのようです。

ピニオンギア

ピニオンギアですが、素材の差は見た目ではわかりませんでした。

15ツインパワーC2000HGS
全長・・・35.77mm

重さ・・・6.0g

19シリーズは、ピニオンギアのサイズ自体が大きく変わっています。

19ヴァンキッシュ1000SSSPG
全長・・・32.68mm

重さ・・・5.8g

重さはそれほど変わりませんが、35.77mmから32.68mmとおよそ30mm程短くなっており、ローターナットの形状が上位機種のステラと同様の構造になったことから、サイズが変更になっています。

19ストラディック1000S
全長・・・32.91mm

重さ・・・5.5g

全長ですが、19ヴァンキッシュに比べて0.2mm程長いですが、恐らく計測の誤差です。重量はわずかに軽いですね。やはり素材が違うのかもしれません。

中間ギアL

最後に中間ギア。

15ツインパワーC2000HGS
直径・・・9.34mm

重さ・・・0.4g

メタル素材です。

なお、15ストラディック、16ストラディックCI4+は樹脂製でした。

19ヴァンキッシュ1000SSSPG
直径・・・9.34mm

重さ・・・0.2g

直径はそれほど変わりませんが、重さが半分

やっぱり樹脂製かもしれません。

19ストラディック1000S

直径・・・9.20mm

重さ・・・0.2g

これは19ヴァンキッシュと同じでは??

まとめ

19ストラディックの各ギアですが、ドライブギアが大径化していることと、ピニオンギアも最上位機種であるステラと同一の形状に。

そして、

いきなり結論ですが、

19ストラディックへ19ヴァンキッシュのギアの移植は可能でした。

素材が若干違うようですが、長時間使用による耐久性の差位で、おそらく巻きのフィーリングはギアを変えても劇的に変わることは無いと思われます。

上位機種と同様の構造、技術特性の搭載の為に、今回19ストラディックはコストアップしたと感じる方もいると思いますが、実際はむしろその逆だと思われます。

少し細かい話をすると、19ストラディックからボディ内部のベアリングは、防錆のS-arbではなくなりました。

パーツの流用によるコストダウン、各種パーツグレードの差別化で、各ブランドの使用感をうまく調整していると感じますね。

この話とは別ですが、C2500のサイズと規格が変更になっている点も同じように感じられる合理化です。(別で紹介します。)

では、前評判の良い19ストラディックですが、実際手に取った方からの感想は価格に見合った巻き心地で少し残念という声が多い印象。

つまり、なぜ前評判ほど賞賛を得られないのか。それはローターの重さにあると思われます。

ホディ&ローターの自重

フルカスタムの為に全バラシしたので、ボディとローターを計測してみました。

15ストラディック1000Sが96.0gなので、19ストラディック1000Sが85.6g約10g程ボディ自体が軽量化しています。

一方ローターはというと。

15ストラディック1000Sが40.6gに対し、19ストラディック1000Sが43.1g約2.5g重くなっています。

傘を外してもわずかに重い。

そうなんです。

15ストラディック1000S・・・40.6g

15ツインパワーC2000HGS・・・36.1g

16ストラディックCI4+C000S・・・29.1g

19ストラディック1000S・・・43.1g

答えは単純でしたね。

ローターが重すぎたんですね。

次回予告

次回はベアリングチューンを紹介します。

ローターの重さを、ギアの変更とベアリングの追加でどこまでカバーできるかがポイントになりそうです。

次回記事を追加しました!!
前回はPG化するために注文した19ヴァンキッシュと15ツインパワー、19ストラディックそれぞれのギアの比較を行いました。 今回...
スポンサーリンク
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー