19ストラディック 1000S 改造計画(4)全分解、PG化、ボディ内部の2BB追加で11BB化達成!

スポンサーリンク

こんにちは。ともにぃです。

第4回目ですが、今回はボディを開けてPGギアへの交換ウォームシャフト上下にベアリングを追加する作業です。

前回の記事はこちら。

前回はPG化するために注文した19ヴァンキッシュと15ツインパワー、19ストラディックそれぞれのギアの比較を行いました。 今回...

必要な工具

基本的には従来の15ストラディックの分解と同じ工具で対応できますが、今回はプラスドライバーの00番が必要ですね。

なぜなら、新しいタイプのローラークラッチですが、ネジがひと回り小さくなっている為です。

まずは前回紹介した2点です。

0.89mmの六角レンチ

スプールシャフトのイモネジ外し。

4mmのマイナスドライバー

リテーナーを外す際やボディのネジを外す際に使います。

それから、ボディのトルクスネジを外す為にこの2本です。

T型ヘクスローブドライバー T6

ボディガードのネジを外します。

T型ヘクスローブドライバー T8

ボディのネジ2か所を外します。

各所で使用します。

プラス精密ドライバー 00番

ローラークラッチのネジや、ウォームシャフトピンのネジにはこのサイズは必須ですね。

めがねレンチ(45°) 二面幅10×12mm

あと写真に漏れていましたが、ローターナット外しに12mmの六角レンチが必要です。

あとは、ピンセットベアリングチェッカーはあった方がいいですね。

ベアリングチェッカーはこちらを参考にしてください。

こんにちは、ともにぃです。 今回はベアリングチェッカーについて考察します ベアリング洗浄の重要性 元々ベアリングの良し悪しについて...

特にローラークラッチがばらけてしまった場合、ピンセットが無いとほぼ修復不能です。先端が繊細な作業の可能なものなら何でもいいです。

自分は100均のものを使っています。

なお、今回は作業しませんが、ローターとベールの分解にはT-10のレンチが必要です。

分解手順

スプールとスプール受けの分解は前回の記事を参考にしてください。

ローター周辺

ローターを外す作業から。

ここはマイナスドライバーの方が外しやすいですね。

ローターツバ、リテーナー、ゴムパッキン(ローターベアリングシール)と座金が外れます。

ローターナットが出てきました。

ここは逆ネジで12mmの六角レンチ。

このローターナットの内部、上位機種はベアリングが入ってます。

ナットの内部に真鍮製?のカラー(メインシャフトカラー)があり、取れればベアリング置換出来そうですが、うまく取れなかったです。

このカラーがメインシャフトに接触しており。

写真の通り、ピニオンギアはメインシャフトに非接触の構造になっています。

なお、ゴムパッキン(Oリング)が装着されており、防水性能が高いことが想像できます。

ボディ殻割り

ボディを開ける作業です。

T-6のレンチでボディガードを外します。

ボディガードに隠れているところはプラスネジ。

それ以外はT-8はトルクスネジです。

開きました。

ドライブギアが黒くて大きい。

ボディ内部の基本構造は、14ステラや15ツインパワー、16ヴァンキッシュとそこまで変わってないんですよね。

足つきフタのベアリングを交換するとき、

ローラークラッチを外すときは、

00番のプラスドライバーで。

なお、ローラークラッチのを外す前に、フリクションリングとローターカラーを外してください。

これが新しい低摩擦ローラークラッチ

劇的な形状の変化ですね。

分解する場合は裏側から内部にアプローチします。

ピニオンギアとベアリングが見えてきました。ベアリング抑サエ板を外します。

1番、0番のプラスドライバーで。

これでベアリングとピニオンギアが引き抜けます。

ウォームシャフト

ここからはベアリング追加の作業となります。

ボディカバー下部のネジを外して。

ウォームシャフトを取り出すと下部にはプラカラーとシムがあります。これをベアリングに交換するだけ。

プラカラーは貫通していないのと、厚みが若干薄く、その分シムで厚みが追加されている為、ベアリングをそのまま入れても問題ありませんでした。

ウォームシャフト上部には、ウォームシャフトギアとウォームシャフトブッシュがあります。

この白いのがウォームシャフトブッシュですが、

なかなか取りづらく、マチ針でつつくと・・・

取れました。

そして、摺動子ガイドは以前の下から通すのではなく、上から通す形に変更されてます。

そして、今回交換する中間ギアLと中間ギアSです

ウォームシャフトギアもそうですが、素材が樹脂製のような質感です。

最後に、メインシャフトと摺動子ですが、15ツインパワーと比べるとほぼ素材や形状の違いは見られませんね。

ここも15ストラディックとは少し作りが違います。

なお、摺動子内部を開ける為には00番のプラスドライバーが必要です。

分解完了

全バラシ完了です。

パーツ点数も15ツインパワーとそれほど変わらないですね。

15ストラディックよりは少し増えたと思います。

とはいっても、そこまで複雑になったわけじゃなかったです。

まとめ&次回予告

バラシの難易度ですが、15ストラディックより少し難しくなっているものの、ほぼ変わらないといった印象です。

15ツインパワーや16ヴァンキッシュと構造的には近いですね。

分解図を見る限り、19ヴァンキッシュとの互換性が高く、またギアの置換が出来るので構造は(ほぼ)同じと言えます。

次回はギアの組み換えとベアリングの追加の作業をレポートします。

次回記事を追加しました!!
第5回目、PGギアへの交換とウォームシャフト上下にベアリングを追加の組み上げから仕上げまでを紹介します。 前回の記事はこちら! ...
スポンサーリンク
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー