2018年シマノリール 18ナスキー500 インプレ

スポンサーリンク

13ナスキーを手放すことに決めてから、購入しようと思っていたリールが18サハラ500でした。しかし、購入したのは18ナスキー500。

スペック

このサイズ、この自重は魅力ですよね。

脅威の175gです。

なお巻上もHGなので、2500番台の巻上73cmと4cmの差で使えるという機種。

加えて、糸巻量もナイロン1.5号でも90m巻くことが出来るというスペック。

ギア比:5.6
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
自重(g):175
スプール寸法(径/ストローク)(mm):39.5/8
ナイロン糸巻量(号-m):1-150、1.5-90、2-70
フロロ糸巻量(号-m):1-130、1.5-85、2-60
PE糸巻量(号-m):0.6-185、0.8-140、1-110
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69
ハンドル長(mm):40

18ナスキー500を購入したきっかけ

購入の決め手は、ナスキーブランドを所有していたいということと、

ベールの形状の違いと防水性能の有無によるものでした。

しかし、18ナスキーと18サハラの違いについて、防水パッキンの有無があると思っていましたが、購入後よく見ると、18ナスキーには防水パッキンの搭載はありません。

事実、相違点としては、

ベールとラインローラーの仕様

ドラグノブがウォータープルーフ仕様

かどうかという2点のみでした。

なお、パーツ価格表から引用すると、スプール、アームカム、ボディガード、ハンドルキャップの値段がそれぞれ少しずつ違いますが、大きな違いではないと思われます。

トータルで18ナスキーのほうが2,150円高いです。

18サハラ500とどちらがいいか

18ナスキーは2018年2月の発売で、18サハラは2018年5月の発売だったので、5月迄待ったのですが、結局18ナスキーを買ってしまったことを少し後悔しています。

後悔したのは2点あります。

1点目は、まあ後悔というのは少々違いますが、結果的にファーストインプレッションがいまいちだと感じた為です。

もうちょっとライトなリールだと勝手に思っていたということです。

先日ナチュラムで18ナスキー500を購入しました。 今回はその鱗付け釣行です。 釣行記録1(2018/5/20) 18ナスキー50...

2点目は、防水パッキンもないし、18サハラ500との価格差を考えると、そちらの方が良かったかもというのが正直な感想です。

※実売で1,000円程の差額になります。

なぜなら、

ベールとドライブギアとメインシャフトは、17ソアレ500Sの純正パーツを流用することで、軽量化、ワンピースベール化、ねじ込みハンドル化が可能になるため、そのパーツを購入する原資に充てられたなと思ったからです。

別に、18ナスキーで出来ないことではないので、あくまで選択肢として18サハラで良かったかもということくらいです。

心情としては、2000番以上の16ナスキーと17サハラの違いである防水パッキンが、18ナスキーに搭載されていない点が大きいです。

ナチュラムで購入

すぐに到着しました。

注文した翌日に到着。

初めての500番のリールです。

開封します。

リール本体と、説明書、展開図、ワッシャーのみ。

小さいけど、しっかりまとまっている印象です。

C2000番と500番の比較

16ストラディックCI4+C2000Sと比較してみました。

スプールはご覧の通り、一回り小さいです。

ドラグノブは素材が若干違いますが、ほぼ同じです。

ナスキーはつや消し素材ですね。

どちらもウォータープルーフドラグです。

ナスキーのボディにC2000Sのスプールが納まるのかというと・・・。

見ての通り、ローターに当たってしまい合いませんね。

では、ストラディックCI4+C2000Sのボディに500番のスプールが納まるかというと・・・。

だいたいわかりますよね、見ての通り納まりません。

実釣レビュー

玉抜きしてから、70cmクラスのボラを釣り上げました。

異常なサイズでラインもPE0.3号なので、ちょっとイカれたゲームでしたが、このリールは本当に頑丈です。ロッドはアジングロッドだったので、ロッドの耐久性も驚異的ですね。

ロッドもリールも強度が半端ないです。

詳しい釣行記事はこちらです。

最近、ライトタックルでキビレを釣っていないな、 と思ったので行ってきました。 雨の合間に淀川です。 ざわざわしてい...

購入後ノーマルでも使ってみましたが、巻きが重いのが気になるのですが、ヌルヌルした巻き心地は健在なので、問題はないでしょう。

ただ、玉抜きしても強度的には問題ないので、しっかりとしたチューニングをすれば使いやすくなっていくと思います。

初期カスタマイズ

早速、カスタムしていきます。

数か所BB化とハンドルノブの交換、ねじ込み式のリールスタンドのセッティングが今回の作業です。

リールスタンドのセッティング

ナスキー500は、既にネジ山が作成されているボディでした。

その為、ネジ山を作成する必要がありませんので、早速リールスタンドを設置します。

M3.5、0.6mmのピッチのネジでハンドルを固定します。

で、モアバイツ4のリールスタンドを装着してみると。

バッチリ合いました。

黒と濃紺が非常に合っていますよね。

ハンドルノブの2BBチューニング

まずは2BB化のカスタムです。

4mm×7mm×2.5mmのベアリングを2つ装着します。

※上記写真は、ラインローラーもBB化する為、今回追加するボールベアリングは全部で3つ。

リールのハンドルノブを外す為のエンドキャップの取り外しは、クリップを加工するとOKです。

エンドキャップの穴に入れて。

引っ張ると・・・。

取れます。

ネジが見えますか。

緩めて分解すると、上記のパーツがでてきます。

プラカラーをベアリングに交換します。

ハンドルノブの交換

16ストラディックCI4+のハンドルノブの流用します。

単純にモノを入れ替えるのみなので、カンタンですよ。

ハーフオープンにしたベアリングを入れます。

ハーフオープン化と脱脂、オイルチューンの作業はこちらで参照してください。

前回に引き続きスリムフィットボディのリール3機種の比較となります。 今回は、3機種殻割りしました。 ボディ内部の考察です...

ラインローラーのBBチューニング

次はラインローラーのBB化です。

アームカムをローターから外します。

音出しピンとかその他のパーツが見えます。

このパーツに関しては、グリスもこのくらいでちょうどいいですね。

あまり少ないと摩擦による摩耗がすごいと思いますので、しっかりグリスアップしておいた方がいいです。

ラインローラー部を分解します。

銀色の輪っかのカラーをベアリングに交換します。

カラーの厚みが2.35mmです。

一方、ベアリングの厚みは2.48mm

少しベアリングのほうが厚みがあるのですが。

なぜかシムを入れないとラインローラーが回らないという事態に。

シムを2枚ほど追加しました。

シムのサイズは内径4mm×外径6mmと厚みが、0.1mmと0.2mmをそれぞれ入れました。

で順番に組み上げていきます。

写真の通りに組んでもらったら、基本的には問題なしです。

締めてみて、ラインローラーが回ればOK。

シムを入れたら回ったので、単純にベアリングのみに交換する場合は、ラインローラーが回転しないかもしれません。

なお、黒いパーツの一部が面取りされているので、内側に来るように組んでください。

スプールと向き合うように組めばOKです。

全分解したパーツ一覧です。

シンプルな構造でトラブルも少ないと思います。

中間ギアなども金属でできているので、むしろ構造的には頑丈だと思われます。

小さいからパワーがないというのはおそらく語弊があります。

軽巻きカスタマイズ

使ってみて巻き心地が少し重いので、軽巻きチューニングをしました。

クラッチの玉抜き

ローラークラッチは6点で支えられていますが、これを3点に変更します。

分解すると以下の通り、丸いパーツが出てきます。

この丸いローラーとバネを取ります。

対角を取るようにしてください。

ローラーが正三角形の形に配置形成できていれば基本的には問題ないです。

後は組み上げて完成です。

まとめ

難しいなと思ったのは、メインラインの選択。

PE0.6号を巻いてみたんですが、ラインスラッグをうまく調整できず、エアーノットが連発。

結局、PE0.3号で落ち着きました。もちろん0.4号でも使えると思います。

巻き心地からするとPE0.6号位巻きたいんですが、ライトタックルとして使用した方がよさそうです。

より巻きの軽さを求めるのであれば、やっぱりドライブギアを17ソアレ500S交換した方がいいのかもしれないですね。

そこまでカスタマイズする予定ではなかったのですが、使い道から考えて、追及した方がいいのかもしれません。

リールの自重は合格ライン。

リールの強度も申し分なし。

やっぱり課題は巻き心地ですね。

アジングとかだと、ちょっとしんどいかもしれません。

一方、餌釣りとかは最高かもしれませんね。

・・・なぜかって、強度がある程度あるし、逆回転ストッパーレバーが付いているので。

普通に1.5号位のナイロン道糸でフカセ釣りとかOKだと思います。

結局、この比較は意味が無いかもしれませんが、マグナムライトローター搭載機種を比較すると圧倒的な差を感じます。

具体的なインプレの比較対象となるマグナムローター搭載機種は、16ストラディックCI4+C2000Sなので、価格では3倍程もします。少しネガティブなインプレになりましたが、もちろん高いリールと比較したら良し悪しははっきりしていますよね。

18ナスキー500は、ブリームゲーム専用機として使用していく予定なので、どこまで軽いリールに出来るか改めてカスタマイズしてみて、検証したいと思います。

どこまで良いリールに仕上げることが出来るか、楽しみです。

スポンサーリンク
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー