大阪湾奧アジング 舞洲にも良型アジが接岸!!

スポンサーリンク

ブリームゲームは不発だったので、アジングで夢舞大橋まで来ました。

2時30分前にエントリーです。

流れを味方に

左から右に強烈に流れています。

ベイトはあまり目視出来ないですが、黒鯛かキビレが見えます。アジらしい魚影も見えますが、セイゴ、メバルかもしれません。

キャストしてフォールさせてみても流れが強すぎるので、中々コントロールできそうにないです。

そこで、ふとリトリーブしてみたらどうかと思いつきました。

リトリーブパターン?

早速流れに対してドリフトさせるのではなく、完全にアゲインストにスローに引いてきます。

ゆっくり一定のスピードでリトリーブしていくと・・・、

アタリが!!

まあまあ引くなと思って引き上げると、20cmほどの良型アジ。

しかも毎投当たる感じ。

ワームはアジアダーです。

飲み込んでいる個体も。

表層でもヒットしていますが、だいたい5カウント位落としてゆっくり巻いてくるとアタリが連発です。

なお、ジグヘッドは弾丸アジの0.8g。

ワームローテーション

アタリが遠のいたので、ワームチェンジ。

お決まりのマゴバチです。

ワームをチェンジしてすぐ。

23cmクラスです。体高抜群の良型が釣れました。

相変わらず、リトリーブへの反応です。

続けてもう1匹追加。

最後の1匹はアジリンガーでゲットです。

アタリが遠のいたら、ワームをローテーションすると復活しました。

個体が居なくなっているのではなく、スレて当たらなくなっているだけのようです。ワームをうまくローテーションすると釣果に好影響ですね。

15ツインパワーPGSの実力

ギアを交換しただけですが、15ツインパワーPGS・・・、これはすごい。

明らかな巻き心地の良化。

スローなリーリングが容易に可能に。そして、何よりも安定したリーリングが実現可能に!

ギアを交換した際は、ギアのひゅんひゅんとした音が心配でしたが、実釣でのリトリーブでは聞こえず、全く気になりませんでした。

詳しくは、改造の経緯を近日中に公開します。

釣行結果

1時間弱で7匹という結果でした。

粘って4時迄やりましたが、最大で23cmでした。

脂がのってます。

氷締めしてきたのですが、鮮度はバッチリ。

体高抜群です。

臭みの少ない良い個体でした。

釣果のポイントとしては、リトリーブ主体のアクションですね。

どうしてもフォール主体で攻めてしまいますが、これだけはっきりとしたリトリーブしているワームに、アジのほうから喰いついてくるのは、初めてでした。

ただし、スレるのも早くて、ポイントの移動や、ワームローテーションを意識してやれば数が伸ばせます。なお、レンジもかなり広い範囲に点在してたようで、護岸沿いに表層から表層直下でのバイトが集中しました。

特にトリッキーなアクションもなく釣れてくれたので、メバリングのようなリーリングでアジが釣れたという印象です。

いつまで続くかわかりませんが、年間を通して1度きりなのでこのシーズンはアジングにどっぷりつかるのもいいですね。

スポンサーリンク
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー