青岸で安定のガシリングと初挑戦の飛ばしサビキ

スポンサーリンク

1月3日、正月の最後の日です。

この日も釣りです。釣り三昧ですが、結果が伴わないので非常に辛いです。

やり続けるしか結果は出ないと分かっているので、めげずに青岸へ早朝のワインドと安定のガシリングをしに行ってきました。

青岸

爆風でもできる釣りとは

ワインドは6時過ぎに到着したことであまり時間もなく、風も相当強かったのでほとんどまともにできませんでした。

ワインドでの釣果はあまり期待はしていませんでしたが、ガシリングというか、岸黒ゲームをしてきました。

岸黒ゲームでの釣果で、チヌ・キビレはいまだに出ていませんが、チャリコ、アナハゼ、ガシラの釣果はあります。

風があっても、うまく風をよけるようにフォールさせることができれば、岸黒ゲームはできます。広大な青岸の護岸でやってみましたが、まあ、なんてない釣果です。

釣果

アナハゼ1匹とガシラが2匹。本命はやはり釣れず・・・。

アナハゼ

バス持ちしようした所、歯が当たって痛いですね。アナハゼって歯が鋭いんですね。

ガシラ1

護岸でも釣れます。

ガシラ2

2匹目です。

釣果は3匹だけでした。

昨日は水軒でタチウオ、今日は青岸でタチウオをワインドで仕留めていましたね。また飛ばしサビキで尺越えのアジが釣れているようでした。

13ナスキーのスプールの流用について

17セドナ2500HGに13ナスキーC3000のスプールをセッティングしていますが、ドラグノブがベールに干渉することがわかりました。

ドラグが最も上にくる時、ドラグの向きとベールの向きよっては、ベールを起こす際に引っかかってしまいます。

少し巻くとベールを難なく動かせるので、使用感としてはちょくちょく面倒だなと思うくらいの事です。

ただ、ストレスなく釣りがしたい方からすれば、非常にわずらわしいと思います。13ナスキーのスプールを17セドナに流用することを検討している方はご注意ください。

ベール干渉1

ドラグノブのつまみが高くなっているので、引っかかっていますね。

ベール干渉2

デザインのフィット感はバッチリなんですけどね。

なお、ドラグノブは13ナスキーのものをそのまま使用しないと装着できません。

≪パーツ≫ シマノ ’13 ナスキー C3000 スプール組

価格:2,565円
(2017/10/10 08:24時点)
感想(0件)

飛ばしサビキ

1月4日、朝から青岸にて飛ばしサビキです。

青岸1

3日に目撃した尺アジに感化されて、アジ狙いです。

元々飛ばしサビキやかご釣りの仕掛けは持っていましたが本格的に狙うのは初めてです。

仕掛け

ロッドは磯竿3号は自宅に置いてきてしまったので、いつものシーバスロッド(どこでもルアーロッド)です。8フィートしかないので、キャストしづらいのですが、何とか成立するレベルでキャストできました。

このどこでもルアーロッドは、少しふざけた名前をしていますがおススメです。

ラインも太目のナイロンが無いので、PE1.5号に3号のフロロカーボンリーダーを3m~5m位長くとり、リーダーの所にウキ止めとウキをセッティングします。

サビキの自作として、3号のフロロカーボンにエイトノットでエダスを作ります。素針もつけてオキアミを直付けできるようにしておきました。市販のものでもいいですが、作った方が調整が効くのでお勧めです。

コマセはアミエビ。

道楽箱塩屋店で2kgが100円で売ってましたよ。在庫一掃ですが、ものは問題ナシでした。

釣果

7時から初めて・・・。

青岸2

気づいたら、すでに9時前。

青岸3

一度アタリがありましたが、ボラだと思います。

周りでもボラの辺りが多かったので。

エダスのラインが細かったので、ラインブレイクしてしまいました。

最近ボラのキャッチ率が非常に低いですね、切られっぱなしです。

移動

自宅へ帰る為に大阪市内に向かって車を走らせます。

途中で各地にやりました。

食品コンビナート

フィッシングマックスの釣果報告では、サビキが釣れているという内容でした。

食品コンビナート

実際は、回遊が見られませんでした。30分位の時間だったので、粘れば釣れていたかもしません。

再度移動します。

中央突堤(天保山海遊館裏)

中央突堤

ここでは、サビキでサバが釣れていました。

ポイントは一か所のようです。

自分の近くには寄ってこないので、潮の流れがそちらの方がいいんだと思います。

1時間ほどしてから、再度移動です。

鶴浜緑地(イケア裏)

前打ちの方1名と自分で、2名しか釣りをしていませんでした。

鶴浜緑地

常連さんが自転車で偵察に来ていて、話を伺うと中々釣れない状態とのことです。

まとめ

色々ハシゴしましたが、結局釣れずじまいでした。アタリが一度だけあったのみで、ほぼ何も反応が無い半日でした。

腰を据えて時間をかけて、1か所である程度行えば、釣果の可能性は高まりますが、今日もふらふらしてしまいました。

落ち着いて、時間をかけて、焦らずにやれば、釣果がないという状態から脱却できると思います。

スポンサーリンク
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー