18ネクサーブ c2000s インプレ ライトゲーム用のリールとしての機能性を検証してみた

スポンサーリンク

ナチュラムのバーゲンで3,500円で手に入れた18ネクサーブ。

c2000sという番手でライトゲーム用に設定されていると思いますが、格安リールとしての機能がどの程度か検証してました。

淀川でのライトブリームゲームでの検証となります。

18ネクサーブc2000sインプレ

手に持った感じは、おっ軽いかな?

と感じるくらいでした。

が、しかし、実際に巻いてみて、巻いた際のハンドルの感覚が少し重い印象。

なお、スプールの重量がかなり重いですね。

ノーマルで釣行しました。

特徴としては、

ロータブレーキなし。

ベールのクリック音なし。

ハンドルが重め。

巻き感度は、18ナスキー500より軽いものの、やはりおもちゃ感があります。

改善ポイントは満載ですね。

セッテイングしたメインラインは、デュエルアーマードs0.4号の100mがギリギリ巻けました。

何とか納まっています。

アーマードSは強度が十分なので、0.4号より0.3号とかのほうが実用的かもしれませんね。

少しテーパー気味なので、ワッシャー1枚枚抜いて、1枚のみので使用します。

PEライン分の重量が1.5g増えました。

まあ、そこまで軽くはありませんが、十分戦える重さではないでしょうか。

長雨ののちの淀川

1週間ほど降り続いた雨が、上がった7月8日の夜に淀川に行ってきました。

20時30分にエントリーです。

静かですが、流れがすごく早くて、濁りが強烈です。

ちょっと難しいかもと思っていましたが、なるようになるもんですね。

ライトブリームゲームでの釣果

ファーストキャストは、1.5gのジグヘッドにガルプサンドワーム。

キャスタアビリティは可もなく不可もなくと言った印象。

ロータブレーキがないので、ベールが不意に返ることが2~3度ありました。

ラインのコーティングがあるので、比較的飛距離がありますが、長雨の後なので、流れが早いうえに、比重の高いラインなので早めにボトムの当たります。

3.5gのバレットシンカーのテキサスリグとスナモグラー、

ベビードラゴンとローテーションをして、

中層のフォールでひったくるアタリが!

キビレヒット!

まあまあのサイズです。

37cm!!

18ネクサーブC2000Sの鱗付け完了。

下あごにフッキングしていました。

37cmでしたが余裕で寄せれます。

ドラグの調整も問題なし。

ラインが毛羽立ってきたら飛距離が落ちてきますが、3.5gなので30mは飛んでいます。

スローリトリーブでもボトムを感じる感度もあり

使用感はまあまあと言った感じでした。

それからワームをローテーションしました。

小さめのフォルムのワームですね。

クロー系から。

バチ抜けやマイクロベイトを意識したワームです。

色々試しましたが、結局アタリなしでした。

メインラインの選択

今日の結果から、アーマードSは手ごろな価格設定で、18ネクサーブとの相性も良いです。

18ネクサーブC2000Sの使用感としては、コーテッドラインで感度が良いため、低価格帯のリールとしては感度の良さが確認できた釣行でした。

メインラインはこれで決まりですね。

まとめ

18ネクサーブ自体は、そこそこ使えるリールだと思います。

ノーマルだと機能が弱いので、最低限ローターブレーキとベールのクリック音、ラインローラーはBB化した方が良いですね。

なお今年の淀川は、昨年よりもキビレの魚影が薄いみたいです。

最近の渋さから、今日も釣れないかもと思っていましたが、比較的あっさり掛かり、ホッとしました。

今回の長雨で淀川の状態が好転すればいいんですが。

フルカスタムレポート

掲載しました!

18ネクサーブのフルカスタムレポートです。 そのままだと少々心配な点はラインローラーとベールの開閉、ローターブレーキですね。 ...

カスタム後のスペックの考察

掲載準備中

スポンサーリンク
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー