淀川ブリームゲーム 淀川左岸で初めて釣ったマチヌがランカー50cmUPの年無し

スポンサーリンク

深夜の淀川左岸へエントリーです。

深夜1時、淀川河口でバイブレーションをキャスト。

ナイトチニング

1投目からあたりがあるものの、なかなか乗らない。ロッドのティップが硬いので、食い込みが甘いのかもしれません。

しっかり追ってこない。

誘い方

ロッドを立てて、ボトムノックをして、誘う感じです。

根掛かりが怖いですが、そこそこ風もあり、ルアーが適度に浮いてしまうので、スローで誘います。トゥイッチを時々入れて、平打ちをさせる感じですね。

ブラックモンスター

数投していると、グンとひったくるような引きが。ドラグがジーッとでるわ、でるわ、・・・で。

この前に釣った50cmのシーバスより強い引きで、40cmのキビレと比べたら、圧倒的に強い引き。ドラグを締めて強気でやり取りをします。3分位やり取りをして、サクッとネットイン。

後半の粘りはなかったので楽勝でした。

上がってきたのは魚体は、かなり大きく、口もでかい。真っ黒です。

それはシーバスではなく、マチヌでした。

黒鯛。初めてのマチヌ。

食い気が非常にあり、ほぼサンダーブレードを丸呑みでした。

サイズを測ってみると48cmです。年無しまであと2センチでした・・・。惜しい!

デカくて興奮してしまいました。初のマチヌを持ち帰るため、マチヌを締めます。エラを切り血を出します。

ランディングミス

引き続き再度イナッコをキャストします。

やはりアタリがガンガンあります!同じパターンでまたまた乗ってきました!先ほどと同じくらいの引き。浮き上がって来たのは先ほどと同じくらいのサイズの魚体です。黒々としたマチヌでした。

今度は、先ほどよりも手際よく寄せることが出来ました。

しかし、ネットさばきをミスってしまいました。少し横に走られてしまい、、ネットに収まらず、、ラインがネットに絡まり、痛恨のフックアウト…。

ランディングの際の取り込みミス。一旦ネットに入ったものの、すくい上げる際にルアーが外れて逃げられました。

残念です。

その後、場が荒れてしまったのか、アタリが無くなったので納竿しました。

実釣時間は、30分程でしたが、ロッドのティップが柔かければ、もう少し釣果が出ていたと思います。このロッドはさすがにロッドが硬く、バイトを弾くので、ノリが甘かったです。ざっと5バイトはありました。

淀川でのバイブレーションの選択

ヒットルアーはラパラサンダーブレード、カラーはイナッコです。

サンダーブレードは非常に良いバイブですね。ドシャローでも根掛かりロストしづらいので、根が荒い淀川では重宝します。根掛かりしないことは、非常に重要なファクターです。

初めてのノッコミチヌ

帰宅後、サイズを測るとちょうど50cmの初の年なしのチヌでした。

腹パンパンでしたよ。

漬け丼

漬け丼を作ってみました。

手順

1.生姜をすりおろす(適量)
2.醤油:お酒 = 1:1
(酒のみ、レンジでアルコールを飛ばす)
1と2を混ぜたものに刺身を1時間以上漬ける。

三枚に下ろして、柵から刺身を引きます。

アルコールにつけて匂い取り。

生姜醤油に漬け込んで。

漬け丼の完成です。

まとめ

タイミングとベイトがマッチするとここまで簡単に釣れるとは思っていませんでした。今回は本当にいい釣行でした。

ただ、淀川のチヌを食すのはちょっとしんどいですね。次からはリリースするようにします。匂いが少ない個体を選んであげれば、食べやすいかもしれませんが、やはりにおいが気になりますね。

スポンサーリンク
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー