淀川のチーバスとチビレ達

スポンサーリンク

22時にいつもの淀川河口にエントリー。

ジャッカルちびチヌムシ

この日も、ジャッカルちびチヌムシと1.5gのアジング用のジグヘッドのチューニングで探ります。

針持ちについて

ちびチヌムシの弱点ですが、針持ちが悪いことです。

ちびチヌムシの針持ちが悪いというより、チヌ・キビレのバイトはワームを引っ張ったり、ちぎったりするので、だいたいのワームは、数回使うとダメになることが多いです。

メリット

針持ちが悪いということは、ワームが柔らかくてアクションが自然であったり、アピール力があるということにも繋がって、結果的に釣果に繋がっているんだと思います。

この写真はアタックされ過ぎで、針持が悪くなっています・・・。キャスト前に調整すれば、ゆるゆるでも釣れます(笑)

本日の釣果

小潮の上げ潮で、良い濁り具合です。

高活性で6バイト、4ヒット、3キャッチという結果でした。

キビレ1枚目

開始して早々、キビレが相手をしてくれました。タモを使わずぶっこ抜きます。難なくキャッチ!

25cmの小さいキビレでしたが、マチヌより引きが強く元気なやつでした。本当に小さいですが、引きが強引で、岸に上がってからも暴れます(笑)

シーバス1本目

ちびチヌムシから、ガルプサンドワーム2インチレッドへ変更して、波がよれているポイントへキャストし、ドリフト気味にスローでリトリーブすると、一投目からシーバスヒットです。

先ほどのキビレより引きも弱いので25cmあるかないか位のサイズ感ですが、岸まで引き上げて、ぶっこ抜きます。

が・・・口切れにて、ポロリしちゃいました。

シーバス2本目

再度、 着底するかしないかでリトリーブを続けていると、立て続けにヒットです。さっきのシーバスよりサイズが少し大きいみたいですが、えら洗いでバラしてしまいました。

マイクロベイトパターンというやつでしょうか。シーバスもベイトサイズを落とすことでセイゴクラスがチェイスしてきて、十分に食ってきますね。

キビレ2枚目

サンドワームから再びチヌムシに戻して、24時を過ぎた頃に2枚目ゲットです。

27cm程のサイズでさっきよりは大きいですが、かわいいサイズです。

夏本番に向けて

アタリも多く、数釣りができるようになってきたのは、今後が非常に楽しみです。もう少しサイズアップすると、引きを楽しめそうですが、本日は細かい個体ばかりでした。

マイクロジグヘッドでのシーバス狙い

ジグパラジグヘッドのスイムで、セイゴだとフックサイズが#6なので、口の大きさが合っておらず、ばらしを連発すると思います。

せめて、#2位のフックサイズでやれれば、釣果は変わってくると思いますが、サンドワームの2インチがぎりぎりセッティングできるサイズ。しかも#2のジグヘッドはなかなか売っていないので、オフセットフックでやるしかないかもしれません。

オフセットフックでテキサスリグだと、リトリーブの際にスイム姿勢が崩れてしまいフィッシュベイトには見えないかもしれない。

次回以降、オフセットフックで試してみようと思います。

スポンサーリンク
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー