淀川ブリームゲーム カッティングベイト

スポンサーリンク

新しく安物のロッドを購入しました。

OGKのグローバルウェーブソルトというロッドで、3.5gから14gのルアーウェイトで、硬さはMLで一応シーバスロッド。

今使っているロッドが、アジングロッドと、かなり固めのシーバスロッドの為、ちょうど中間位のロッドがほしくて購入しました。

早速ロッドの感触を確かめる為に、久しぶりに淀川へキビレを釣りに行きます。

21時半ごろにエントリーです。

1.5gのジグヘッド

久しぶりにジグヘッドでチニングやります。ワームはガルプインチホッグのカモカラーです。

さて、ロッドの感度というと、アジングロッドより感度は低いです。まあ当然だと思いますが、実際かかったときにバイトがはじくか、巻き心地はどうかが知りたい。ルアーがかなり軽く、3.5gからのロッドなだけに、ちょっと難しいかもしれません。

と思っていたら、早速マイクロキビレです。

10cmも無いくらいです。小さい。ただバイトをきれいに乗せることができました。引き続き、シェイクをしたり、ただ巻きをしたりしていると、こつんとアタリが。

そこそこの型ですが、30cmは無いです。結構ロッドの感度は良く、バイトもはじきません。ただ、この日の活性はあまり高い感じではないですね。

カッティングベイトでの初キビレ

根掛かりでロストしたため、テキサスリグ3.5gへ変更します。ワームはカッティングベイトのキビレナチュラルというカラーです。

一投目からいきなりガチン、ジーっとドラグが出ます。ロッドは結構しなり、気持ちよい引き抵抗です。ロッド自体はぺなぺなではないので、キビレのファーストバイトの時点でしっかりフッキングしている感じです。

綺麗にフッキングしています。いわゆる地獄にしっかりと掛かっていますね。

サイズを測ってみると、38cmありました。

ロッドも一緒に乗せておきます。これだけ引くと楽しいですね。実釣にたロッドのスベックはバッチリだと感じました。チニング・ブリームゲーム専用ロッドと言ってもおかしくないくらいしっくりきます。あとは、重めのルアーでもきちんと扱えるのか、別途検証したいと思います。

あと、ネットも新調しました。プロックスのラバーコーティングネットの一番小さいサイズ(39cm×35cm)です。

魚を気付けることなく、ルアーも絡まりにくい設計ですね。

カッティングベイト自体、自分は食わず嫌いな所があり、ほとんど使用したことが無かったですが、今日の食い込みを見て、あながち適当なルアー、ワームじゃないと感じました。

8月24日のタックル

OGK グローバルウェーブソルト702MLS
シマノ 13ナスキー c3000
デュエル アーマードs pe0.4号
リーダー:フロロカーボン 6lb(テキサスリグ:バレットシンカー3.5g、フックサイズ#4)
ガルプインチホッグ
ノイケ ヤビー
カッティングベイト(キビレナチュラル)

2017年8月26日追記

翌日も釣行です。

21時にエントリーです。

メインラインをPE0.8号で合わせてみます。

淀川右岸

2度目の右岸です。

ここは風が追い風になって、キャストしやすい反面、左岸より個体が少ないのかもしれません。

1.5時間ほどキャストし続けましたが、アタリがありませんでした。またボラが湧いていました。

左岸でキビレグレープ

開始してノイケヤビーで釣果が得られずだったので、カッティングベイトのキビレグレープに変更しました。

一投目、シェイクしていると、ググっとヒットです。

合計3枚でした。約20分で3枚!!


1枚目、20cm無いくらいのチビレ


2枚目、よく引きました。食い込みもバッチリです。

33cm

3枚目、ドラグがガンガン出ます。元気な個体です。

38cm、本日のイチバン

8月25日のタックル

OGK グローバルウェーブソルト702MLS
シマノ 13ナスキーc3000
アーマードs 0.8号
リーダー:フロロカーボン 20lb(テキサスリグ:バレットシンカー5g、フックサイズ#4)
活チヌシュリンプ
ノイケ ヤビー
カッティングベイト(キビレグレープ)

スポンサーリンク
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー