淀川ブリームゲーム 2019年キビレ初釣果

スポンサーリンク

水温は問題なし。

前回の釣行でこのままだと釣果が挙がらないと思い、冬から春にかけてのブリームゲームを一度見直してみました。

ニュータックル

まず、見直したのがタックルバランスです。

今年は暖冬で、海水温もかなり高い日が続いています。 前回記事はこちら。 2019年は暖冬 2月海の中は真冬と言われる時期で...

赤潮が発生したりと若干潮が悪いものの、問題は技術面とタックルバランスの2点ということで、新たにロッドを新調しました。

主に技術面ですけどね。

ロッド

カテゴリーはアジングロッド??

のようですが、完全に淀川でのフィネスゲームに向いていますね。淀川で人気のオリムピックシルベラードと悩みましたが、ナノアロイという技術を使用しているこちらを購入。

ブルーカレント ストリームスペシャル77/TZ ナノ(BlueCurrent Stream-Special 77/TZ NANO)

詳しいインプレは別で紹介します。

ライン

初めてのシーガーのPEラインです。

シーガー PEエックスエイト 0.6号

0.6号、8本編みで12LBの強度。

メインラインは0.8号から0.6号に。

ロッドとリールのスペックに合わせて購入しました。

ハリもそこそこあり、硬すぎず、強度十分!マルチカラーである必要はなかったのですが、8本編みでも安かったので。

なお、シマノS2000Cのスプールにジャストでしたね。

リール

購入目的はブリームゲーム用ではなかったんですが、ロッド、ラインとの相性がバッチリでした。

シマノ 15ツインパワーC2000HGS

ちなみに、ラインをスプールにギリギリまで巻いてもライントラブルなしでした。

既にカスタム済みの為、別でインプレとカスタム内容を紹介します。

リーダー

リーダー用ではありませんが、比較的柔らかめのフロロカーボンラインです。

12LBとメインラインと同等の強度。

シーガー フロロマイスター 12LB

前回まではカーボナイロン利用ですが、フロロカーボンで根擦れ対策です。

淀川左岸デイ 3/16

6時前にエントリー。

下げ潮です。

風は微風でした。

初めてのストリームスペシャルですが、15ツインパワーとの相性は抜群ですね。

結果から言うと2ヒット0キャッチでしたが、前回までは、6回程ロストしていたにも関わらず、今回は1度のみ。

今回、好感度ロッドを投入したことにより操作性が上がったことで、ロストリスクは緩和しました。

5.3gタングステンバレットシンカーと#4のオフセットフックのテキサスリグに2インチのリトルスパイダーのグリーンパンプキンPP(#101)をセット。

このタイミング(6時過ぎから7時前迄)では、上げ潮でしたが。

なぜかキビレの死骸とボラの死骸が流れていました。

寒さのせい?濁り???

と思っていると急に暗くなり、吹き降ろしていた風が、急に海からの風と真逆になって嵐!

7時ごろ爆風の雹・霰(ヒョウ・アラレ)にやられてしまいました・・・。

7時30分頃まで待機して、雨がやんでから再度入りました。

ヒットポイント

今回もヒットに持ち込むことが出来ました。

なぜか、8時頃に急激な下げの流れ(雨の影響かも?)があり、緩んだタイミングにヒット!

8時30分、ジャングルジムのハラペコのキウイチャートのボトムバンプにリアクションバイト!

で・・・。

ヒットしたと思った瞬間、ラインブレイクを警戒してしまって、合わせきれずフックアウトしてしまいました・・・。

そして、9時前までなぜか上潮に?潮見表が当てにならない・・・。

9時過ぎ上げ潮が緩みだした時に、オンスタックルデザインのソルティークローラーにヒット!またまたボトムバンピングへの反応です。

しかし、喰い込みが浅く掛かりません・・・。

今回のヒットですが、流れが緩んだ瞬間と、流れ出す前の2度ありました。

淀川左岸デイ 3/17

6時過ぎにエントリーです。

日が出てから入りました。

下げのタイミングですが、この時間はなぜか下げてないんですよね。

緩い上げ潮でした。

昼前には雨が降るので、2時間程度の釣行です。

2019年初キビレ

2019年の初キビレは、ケイテック リトルスパイダー3インチのサハラ オリーブ FLK(#309)でした。

ほぼ上げ止まりのタイミング。

実は、リトルスパイダーでの初釣果です・・・笑

ロングキャストして、ボトムステイとショートバンピングで、ガツっとヒット!

今回は、しっかり合わせてフッキング。

少し合わせが遅れていると、たぶん外れてます。

危ない。

39cmなのでそれほど大きいわけでもないですが、しっかりした個体でした。

なんとか、

ヤマガブランクス ブルーカレント ストリームスペシャル77 TZナノ、

15ツインパワーC2000HGSの入魂が出来ました。

7時30分頃から流れが出てきて濁りが。

赤潮ですかね。

流れも緩いので、リアクションバイトを試してみます。

活チヌシュリンプとカッティングベイトを試してみましたが、潮の関係かアタリがありませんでした。

まとめ

2019年の初キビレにかなり時間がかかりましたが、新たな発見もたくさんありました。

ロッドを新調して、上位機種のリールを使ってみて分かったことですが、冬のブリームゲームはある程度の覚悟を持ってやらないと結果がでないということですね。

BlueCurrent Stream-Special 77/TZ NANO

ブランクに採用した東レ㈱の新素材「ナノアロイⓇテクノロジー」により、負荷のかかる流れの中でもロッドの反発力を失わずに高い感度と操作性を維持することに成功したスペシャルシチュエーションモデルです。使用ルアーの範囲も広く、潮流場での流し釣りから、河川のプラッギングなど玄人好みのフィールドで真価を発揮するでしょう。

ヤマガブランクスHPより

少し大げさですが、何とか結果を出せてよかったです。