シーサイドコスモでウルトラライトショアジギング(ULSJ)でサビキをセットしてみたところ・・・

スポンサーリンク

大阪市内でアジングの釣果を出したことが無いので、大阪市内を探索に行ってきました。

アジが釣れればアジングでなくてもいいですが、出来ればアジングで結果を出したいところですね。

大阪奥湾のアジングポイント

この日に周ったポイントは、24時頃から夢舞大橋で1時間とシーサイドコスモで2時から8時まで。

結局、夢舞大橋で豆アジが釣れていましたが、セッティングにコツがあるみたいです。

橋の下の常夜灯に付いているアジのようなので、ポイントが取れないと釣れないみたいです。

エステルライン+ジグ単でやるもノーバイト。

シーサイドコスモでは、以前夜中にデカアジがサビキで釣れた経験があった為、サビキを垂らしてみましたが、無反応でした。

アジングでもノーバイト。

明け方ジグに反応したのは?

そこで、3時から明け方にかけて、スーパーライトショアジギング(SLSJ)として、20gまでのジグと、ULSJとして10gまでのジグを交互に投げてみました。

長かったですね。

4:53にヒットです。

最近回遊のあるサゴシの赤ちゃんがヒットしました。

メジャークラフトのジグパラマイクロ7gのレッドゴールド(アカキン)です。

なお、別のタックルですが、サンダージグ20gのキビナゴグローでもキャッチしましたよ。

なかなか続かないので、ちょっと一工夫してみます。

マイクロジグサビキとは?

大阪湾でも、やっとこさサビキシーズンですね。

周りを見渡すと、5時頃にはアジがガンガン上がっていました。

自分はアミエビが良くないのか、全く釣れないという状態でした。回遊はかなりの数が入ってきているようですが、護岸に寄ってきている個体だけでは無いようです。

そこで、2号のサビキとマイクロジグをシンカーにして、アジングタックルにセッティングしてみた所、これがアタリました。

勝手に命名するとすれば、マイクロジグサビキですね。

念願のアジゲットです。

サイズは10cm位と小さいですが、狙い通りでうれしいです。

マイクロジグサビキのセッティング

ロッドはアジングロッドで問題なし。

リールも2000番クラスで、

ラインもPE0.3号位で問題なし。

サビキですが、道糸が1.5号位がベター

フックも2号位で豆アジ狙い位のセッティングがおすすめ。

結局、ULSJのタックルにサビキを挟み込むだけの応用で行けます。

ウルトラライトショアジギング(ULSJ)ってご存知でしょうか。 無理やりつけたネーミングみたいですが、 簡単に言うと・・...

5号針を使うのであれば、ロッドはエギングロッド位のスペックにした方がいいですね。

もちろんジグのサイズも少し重くして、10g~20gでやった方がいいと思います。

マイクロジグサビキでの誘い方

5本の針に4連が2度ありました。

結構重いですね。

誘い方は、

トゥイッチを数回してから、フリーフォールで再度巻き上げを繰り返します。

なお、フリーフォールが良いみたいです。

テンションフォールがダメではないと思いますが、フリーフォールでの反応が抜群に良かったです。

ボトム付近迄落としてすぐにしゃくってくるイメージ。

マイクロジグの形状や、フォール姿勢でも喰いつきは変化しますね。

印象的だったのが、この激安のドラッグジグでのフォールです。

沖にスライドフォールするような印象です。

まさにアジングのキャロシンカーのフォールを思わせるような動きです。

このMキャロでの釣果はまだありませんが、論理としては同じだと思います。

バイトのタイミングはボトムでした。

しかもサビキとは違い、

マイクロジグサビキだと20m位沖迄キャストすることで、少し護岸から離れた回遊を狙うことが出来る為、若干サイズが良いですね。

ジグをローテーションしても反応が良くなりますので、この辺は試しながらやれば面白いですね。

さすがに夜通しの釣りは眠いので、8時前に納竿しました。

釣果

アジが20匹とサゴシが2匹という結果です。

豆アジというより小アジクラスでした。

実際に釣れ始めたのは、6時過ぎだったので、1時間30分程での釣果です。

釣りのあとの楽しみ

アジフライにしてみましたよ。

背開きして。

おいしかったです。

アジフライって最高ですね。

シーサイドコスモへのアクセス

釣り場(赤の斜線の箇所)のすぐ近くに400円の駐車場(青色の矢印)がある為、アクセス抜群です。

地下鉄での釣行も可能ですし。

なお、24時間400円ですが、少し歩くと24時間300円の駐車場(赤色の矢印)もあります。

NPC24Hコスモスクエアパーキングです。

どちらも埋まることはないと思いますが、秋のタチウオシーズンは駐車場の空きより、釣り場が空いていないことがあるので、注意してくださいね。

スポンサーリンク
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー