アジングワーム考察 レインズ アジリンガー インプレ

スポンサーリンク

アジングで釣果に影響するものの中で、喰わせる・掛ける為の重要なポイントとなるのがワームのチョイスです。

今回は、レインズのアジリンガーのインプレ と シマノのソアレアジクネンとの比較をしてクリアー系のアジングワームについて考察します。

利用シーン

アジングにおけるアミ・プランクトンパターンとして。

あくまで、アミ類が漂っているように見せることで、バイトを誘発させるイメージ。

その為、リトリーブよりフォールでの利用が多くなります。

そして、このワームを利用するメリットは次の2点でしょう。

ソフトマテリアルなのに強い

どう強いのかというと、引っ張ってもちぎれない。つまり、ソフトマテリアルなのにちぎれにくいということです。

柔らかさだけをこだわると、恐らくちぎれてしまうワームが多数ある中、強度が高いという表現よりも、フックからちぎれるケースが非常に少なく、ワームロストが少ないので経済的だということです。

吸い込みの邪魔をしない

これは安易に想像できると思いますが、柔らかい為吸い込みをあまり邪魔しません。シンプルにこれだけです。

サイズ比較

アジリンガーは2インチほどです。一方アジクネンは2.4インチと少し大きいものの、太さはアジリンガーの方が少し太くファットボディーです。

見た印象はそれほど違いがないと思います。

個人的には、使いやすさはアジリンガー、ここぞというときにアジクネンというケースが多いです。

特徴を生かしたセッティング

フックは軸が細いものが良いです。

そして軽いジグヘッドがおすすめ。いわゆるフォール&ステイです。

フックが細い方がいい理由ですが、素材の柔らかさゆえ、フックに刺し辛いため。伸びる素材なので貫通させ辛いです。特にアジクネンの方が伸びる印象ですね。

結局、使いやすさの観点から、綺麗に刺すためにはフックの線径は細い方が良いということです。

対象魚(ターゲット)

いうまでもなく・・・。

アジとロックフィッシュです。

使い分け

一時期はこの2つのワームばかりを使ってましたが、正直使い分けはあまりしていません。

ボディがほんの僅かにボテっとしているのがアジリンガーなので、メバル狙いだとアジリンガーの方がいいかもしれません。

マテリアルの柔らかさはアジクネンに軍配が上がります。ただし、強度はアジリンガーの方が良いです。

その点を踏まえると、サーチに使用するのはアジリンガーになりますかね。

いずれにしろ、ガシラもメバルも問題なしに喰ってきます。

まとめ

アジリンガーはクリア系以外にもかなりカラーラインアップがありますが、アジリンガーもアジクネンもクリアー系のワームとして、使い勝手が良いです。

バランスの取れたワームです。

ソフトだけど、扱いやすいし強度もある。しっかり喰ってくれるし、ローテーションもしやすい。コンディションが悪くても本命で使えるワームですね。

なお、アジリンガーが使いやすいと思ったら、アジクネンもおすすめです。

アジクネンですが、ここぞ!というときに使いたいです。

2.4インチと1.8インチがあるので、いくつか持っておくのもいいですね。

活性が高い時に使うというよりかは、どうしても取りたい時に使うイメージでしょうか。何とか魚を連れて来て、無事釣れますよ。

スポンサーリンク
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー