ランガンにおけるランディングネットのカスタム

スポンサーリンク

恐らく、あるんじゃないでしょうか。
大物がかかったけど、タモ網は車の中。

ランディングの重要性

ヒットさせた魚をキャッチするまで、釣ったという気持ちにはならないですよね。

ランディングは、釣りをしている人のメンタルに大きな影響を与えます。

ランガンスタイル1

例えば、練習のつもりでキャストしただけなのに、魚が掛かってしまった。釣れたのか、釣れていないのか、わからないけど。

釣れたみたいな・・・。

あくまでメンタルの問題ですが、ランディング成功したゲームは満足感、達成感があります。

一方、ランディングできなかったゲームは、焦燥感というか・・・、

なんとなく高揚した焦りのような、悔しいような、うれしいような、複雑な気持ちになります。

仮に、90cmのランカーシーバスを引き寄せて、ランディングを失敗した場合、

ランディングできていないのであれば釣れていないのと同じと思いませんか??

つまり、キャッチしていないということは、結局は釣れていないんですよね。

そんなことが無いように、

ランディングネット、ランディングツールが万全な状態で釣りがしたい。

ということで!

ランディングネット、ランディングツールの選び方についてまとめました。

最初に買ったタモ網(フレッシュパワー磯玉セット)

自分が初めて買ったランディングネット(たも網)は、プロマリンの折りたたみ式フレームのナイロンネットで、玉の柄(ランディングシャフト)の長さは5.4mでした。

ファーストインプレッション

使用した感想は、こんなもんだろうなという感じです。

実際にランディングネットを初めて使ったのは、フカセ釣りの際にかかった外道のボラでした。このランディングシャフトは結構重く、ほぼグラスのみで出来ているので、使用中にブレます。

あくまで、最低限の装備だと思ってください。

利用シーン

また普段釣りをする釣り場において、水面まで高さに応じて長さを選んでください。

基本的には5.4mの長さがあれば、ほとんどの場所で対応できると思います。

非常に足場が高い場所でしたら、ランディングシャフトの長さは6.3mのほうがいいかもしれませんが、かなり重くなります。

6.3mでも足りない、重くて取り回しが効かないのでしたら、落とし玉等で対応した方がいいかもしれませんね。

メリット

波止場のフカセ釣りとか、ランガンすることが無い釣りであればそこそこ使えるセットです。

1.値段が安い

3,000円程でロングシャフトを手に入れることが出来ます。

2.このセットで十分取り込める

シャフトはグラスが配合されていて結構雑に扱っても折れにくいと思います。

3.フレームが以外に強い

折りたたみ式フレームですが、サイズは45cmと標準的な大きさので使いやすいアルミ製です。

実用における強度自体は問題無いと思います。

アルミ自体はそれほど強い素材ではないですが、キビレを中心に100回以上ランディングしていますが、一切壊れてはいません。

このキビレは、大浜埠頭にてラバージグにワームで釣りました。

最近は、ずっと餌釣りでルアーフィッシングをしていなかった為、新たなポイントを見つけるべく、短い時間だけでもと思いチニングに出かけました。 ...

デメリット

値段なりと言えばそれまでですが・・・。

1.収納時の長さが長すぎる

収納時の長さが長すぎてランガンは出来ないです。

2.重いしブレる

グラス製なので、重いしすべて振り出すとぶれます。

3.ネットがしょぼい

付属のネットの網目が大きすぎるうえ、トレブルフックだと絡まるし、手返しが悪くなります。

これはプロックスのラバーランディングネットに交換して折りたたんだ状態です。

先ほどのキビレですが、5.4mのランディングシャフトでランディングしました。このときは機動力が無いので、移動しながらゲームはしていません。現在はフレームはそのままで、ランディングシャフトを短いものに変えて使っています。

長いランディングシャフトの使い道

長いランディングシャフトの活用方法としては、チヌの落とし込み用のサシエとして、イガイ取りこむのに使うことが出来ます。

後は、青物用としてギャフをつけると重さをカバーし強度を生かせる事ができますね。

収納時の長さについて(サンライク タモジョイント)

長いランディングシャフトを使っていると、ランディングネットをセットした状態だと長すぎて、自動車のトランクには収まらないサイズになってしまいます。

その為、自動車に積む際に折りたためるようにしました。

一番安いタイプがこれでした。

sanlikeのタモジョイントです。

この手の商品は、最も安いモノでも1,500円はします。

メリット

商品のうたい文句通りのメリットです。

1.折りたためるため収納力が向上する
当然ですが、シャフトの長さまでで収納できます。
2.自動車のトランクに積みやすくなる

車での移動が便利になります。

3.ランガン時の機動力が向上する
シャフトの長さ次第ですが、タモをぶら下げて移動できるので、機動力が向上します。

デメリット

こちらも値段なりといえばそうですね。

1.閉める際のロックが効かなくなる

閉める際のロックがすぐにダメになります。

ただ、開いた時はロックされるので、開くときはフレームとネットの重さで開けることが出来ます。傾けるだけで開き、ランディング姿勢の際には自動でロックされるので、結果的にはOKでした。

2.ロックの解除が少しやりにくい

ロック解除するときは、このように親指と人差し指で挟んで手前に引っ張る動作が必要で、少し力が要ります。なお、コツをつかむまで、両手でないとロック解除出来ないかもしれません。

3.ネジが取れてしまう

元々は以下の写真のように、6角レンチで締める穴があります。

このネジ自体を紛失してしまいました。

5回位使ったら取れてしまいました。

移動している最中に緩んでポロリしてしまったみたいです。

タモジョイントの補修

補修、修理したら問題なく使えました。

ネジ穴にエポキシ接着剤を充填し、ネジ自体も接着します。

補修してから半年以上たちますが、緩んだりすることも全く無く、一切不具合はありません。

パタパタ動くのが難点かもと思っていましたが、ロック解除せずにランディング姿勢に入れるのは一つ動作が減るのでメリットですね。

2019/3/21追記

実は、タモジョイントは購入から2年位経ちましたが、まだまだ現役で頑張ってくれています。なお、最近定番のこちらも購入しました!

が!・・・慣れというのは怖いものですね。

個人的な使いやすさはタモジョイントの方がいいですね。(ロックタイプなので、解除が面倒なんです。)

初めにフレックスアームを購入していれば、もちろんフレックスアームの方がいいに決まっていますね。

片手で操作できるし、作りも綺麗だし、強度も十分で申し分なし!

ランガンスタイル(プロマリン タイニースティック)

5.4mのシャフトだと長すぎて、扱いづらいことが多々ありました。

特にルアーフィッシングのように、移動しながらキャストしていくランガンスタイルの場合は、短いランディングシャフトでキビキビ移動できる装備でやりたいと思うようになりました。

機動力を高める為のランディングシャフトとして、プロマリンのタイニースティックという2.5mをランディングシャフトを購入しました。

淀川でブリームゲームをするのであれば2.5mで十分でした。

これらが無いとシーバスやブリームゲーム(チニング)は正直難しい。

淀川のみでの使用だと、2mでも大丈夫だと思います。

ただし波止場で干潮時などの際は届かないこともありますので注意してください。

メリット

ロングシャフトと比べた際のメリットです。

1.かさばらない

仕舞寸法が約39.5cmとアンダー40cm!

先ほどのフレッシュパワー磯玉の仕舞寸法は114cmとかなり長く、比較すると約1/3のサイズです!

ランガンの際にベルトにかけてもやゲームベストぶら下げていても邪魔にならないです。

2.軽いので機動力が高まる

自重が約278gと軽いことで、機動力を損ないません。

同じくフレッシュパワー磯玉が約538gなので、約1/2の重さ。

デメリット

デメリットというか、先ほどのタモジョイントと非常に似ています。

1.エンドキャップが外れやすい

自分は10回程釣行をしてから、無くなってしまいました。

エンドキャップの補修

タイニースティックのエンドキャップは本当に外れやすいので、注意してください。

ただ壊れたと思って廃棄するのはもったいない。

きちんと修理出来ます。

エンドキャップを無くしてしまった場合、エンドキャップだけは売っていないと思われます。

もし仮に、売っていたとしても、元の商品の値段が安い為、部品のみだと結構な値段がするかもしれません。

元の価格もそれほど高いものでもないので、あきらめるしかないと思っていましたが、何となく、あるもので蓋をしてみたところ、きれいにハマったので、少し加工をして何とか代用出来ないかと思いました。

そのあるものとは、ペットボトルのフタです。

修復手順

1.ペットボトルのフタの内側にある凹凸をカッターや彫刻刀等で削ってください。

2.フタの内側にエポキシ接着剤等を着けて、シャフトのエンドに合わせて接着します。

3.セキ糸を巻いて、セキ糸をエポキシ接着材でコーティングして固定します。

セキ糸で固定することで、ペットボトルの縦の割れを防ぐことが出来ます。

着脱を用意に(メジャークラフト マグネットキーパー)

ランディングネットを持ち運ぶ際にさっと取り出せるように、とりあえず購入。

マジックテープでシャフトに固定し、マグネットで着脱します。

ランディングツールとして、マグネットキーパーでランガン時の機動性を高めます。

こういうカスタムパーツを組み合わせないと、本当にランガンはやり辛い。

メリット

1.着脱が容易

マグネットで固定しているので、着脱が容易です。

2.機動力が高まる

両手がフリーの状態でランガン出来ます。

片手でシャフトを引っ張るだけで取り外せる為、ヒットした際にランディング姿勢まですぐに出来ます。

デメリット

1.高い所から飛び降りた際に、自動的に外れる

マグネットの磁気のみで固定しているので、衝撃が加わると外れてしまいます。

落下紛失防止のため、スパイラルコードを取り付けます。

スパイラルコードを取り付けることで、マグネットが外れてしまうことによるロストのリスクは下がります。カラビナをベスト等に掛けて使用します。

2.金属部分にマグネットがくっついてしまう

マグネットなので、その他のスチール製のものをくっついてしまいます。

こればっかりは防げないですね。

尻手ベルトとマグネット(2017/10/29追記)

マグネットキーパーが便利ですが、以下2点でほとんど同じものが作成できます。

マジロックリング

プロックス(PROX) マグネットジョイント

なお、必ず落下防止の為にスパイラルコードを接続するようにしてくださいね。

そうです。くっつかないんです。

詳しくはこちら。

元々は、ランガンスタイルとして、足場の低いところで使ってたんです。 高場のランディングって難しいですし、またロングシャフトって...

魚を傷めない(プロックス ラバーランディングネット)

リリースを前提にゲームフィッシングをする場合においては、魚を傷めることなくリリースすることも重要です。初めて購入したプロマリンのランディングネットですが、素材はナイロン糸で作られていました。

実際に、

ナイロン糸の場合だと糸が食い込んで魚を傷めてしまいますし、ナイロン糸に絡まることで手返しが悪くなってしまいます。

この問題については、

ランディングネットの交換で解決できます。ラバーランディングネットかラバーコーティングネットであれば問題はありません。

メリット

ランディングネットは手返しが重要です。

1.ランディングの際に魚を傷めない

ラバー素材の為、ネットに喰い込む事がなく魚を傷めることはありません。

2.手返しが良くなる

ラバー素材でルアーのフックがからまることもほとんどないため、手返し抜群です!

サゴシもバッチリです。

サゴシなんでぶっこ抜けますが、念のためにネットインです。

85cmのランカーシーバスも、これでランディングしました。

フレームが45cmでしたが、深さが45cmの深めのタイプであった為、何とかネットイン。無事ランディング出来ました。

本日は花の金曜日ですが、明日は仕事なので1時間の短期勝負。 運動不足なので、帰宅後少し走りました。2週間ぶりに10km走りました。走っ...

デメリット

手返しが良い、魚を傷めない。けれど、シンプルに重いです。

1.重い

使っていて気になることは、重いこと ですね。ただそれだけです。

シーバス狙いではなくブリームゲームでは、ランディングネットは浅めのほうが良いですね。キビレ・マチヌだと浅めの方が、より手返しが良くなりますし、少し軽くなります。

キビレ向きのオススメフレーム〈プロックス アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット〉

ラバーランディングネットは重いので、ラバーコーティングネットとアルミフレームがセットになったものを購入しました。

ブリームゲームの場合は、プロックスのラバーコーティングネットの35cmとの相性がすごく良い。

テキサスリグであれば鉄板です。

メリット

1.軽い
ラバーネットに比べると圧倒的な軽さです。ネットのみであれば、半分以下の重量ですね。
2.手返しが良い

ラバーネット同様手返しが良く、魚を傷めない。

デメリット

1.水切れが悪い

網目が細かく、ラバーネットに比べると水切れが悪いので、ランガンしていると衣服が少し濡れますね。

気にはなりませんが。

2.トレブルフックが絡まる

トレブルフックが絡まりやすいので、絡まると手返しが悪くなります。

テキサスリグでのワームセッティングであれば、完璧な扱いやすさです!

キビレ中心だと、

このサイズのランディングネットが抜群にいいです。

深さが20cmなので手返し抜群です。

3.折りたためないので、持ち運び、収納が不便

そもそものサイズが小さいのでそれほど気にはなりませんが。

まとめ

ブリームゲームに限ったことで言うと、まずは以下4点でOKです。

淀川用-ランガンタックル

プロックス アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット 35cm

プロマリン タイニースティック

タモジョイント

メジャークラフト マグネットキーパー

総額7,000円位で揃います。

もしネットを交換するのであれば、プロックスのラバーランディングネットでいいですね。

なお、以下2点については注意してください。

タイニースティックはいつも釣る場所の高さに合わせてください。タイニースティックは3m迄の商品ラインナップなので、3m以上のランディングシャフトが必要な場合は別のランディングシャフトになります。
シーバス狙いの場合は、アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネットは、幅が45cmか55cmにしてください。幅が35cmだとランカーサイズのシーバスがかかった場合、ランディングネットが浅い為ほぼ取り込みは不可能です。

2019/3/21追記

プロックスのラバーネットの詳しいインプレはこちらです。

昨年ナチュラムで購入した19型のラバーランディングネットですが、購入からキビレ・マチヌを中心に大体200匹くらい釣っていると思います。 ...
スポンサーリンク
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー