15ツインパワー・16ヴァンキッシュの1000番手のギア比を変えたい時に見る記事

スポンサーリンク

15ツインパワー、16ヴァンキッシュのギア比を変えるときに参考にしてほしいパーツ番号と価格をまとめました。

詳しくは以下です。

1000PGS

15ツインパワー1000PGS

短縮コード:03363

ピニオンギア 15TP1000PGS ピニオンギア 54番

ウォームシャフトギア 15TP1000PGS Wシャフトギア 64番

ドライブギア組 15TP1000PGS Dギアクミ 66番

ウォームシャフト 15TP1000PGS ウォームシャフト 98番

中間ギア(S) 15TP1000PGS チュウカンG S 102番

中間ギア(L) 15TP1000PGS チュウカンギア 104番

ツインパワーですが、基本的にはすべて独自パーツで開発されていることが確認できます。

一方、ヴァンキッシュですが。

16ヴァンキッシュ 1000PGS

短縮コード:03496

ピニオンギア 16VQ1000PGS ピニオンギア 55番

ウォームシャフトギア 14STL1000PGSWシャフトギア 65番

ドライブギア組 15TP1000PGS Dギアクミ 67番

ウォームシャフト 15TP1000PGS ウォームシャフト 97番

中間ギア(S) 14STL1000PGSチュウカンG S 101番

中間ギア(L) 15TP1000PGS チュウカンギア 103番

ピニオンギアのみヴァンキッシュオリジナル。

ドライブギアとウォームシャフトと中間ギアLは何と15ツインパワー・・・。

その他のウォームシャフトギア中間ギア(S)は14ステラから取っております。

ウォームシャフトギアと中間ギア(S)は、16ヴァンキッシュと15ツインパワーそれぞれの1000PGS、C2000S、C2000HGSとも全く同じパーツを使用しています。

また、ウォームシャフトに関しても、16ヴァンキッシュと15ツインパワーそれぞれの1000PGS、C2000S、C2000HGSとも全く同じパーツを使用しています。

C2000S・C2000HGS

ドライブギアのマイクロモジュール化にこだわるなら、C2000S、C2000HGSは達成できるようです。

16ヴァンキッシュ C2000S

短縮コード:03497

ピニオンギア 16VQC2000S ピニオンギア 132番

ウォームシャフトギア 14STL1000PGSWシャフトギア 65番

ドライブギア組 16VQC2000S Dギアクミ 133番

ウォームシャフト 15TP1000PGS ウォームシャフト 97番

中間ギア(S) 14STL1000PGSチュウカンG S 101番

中間ギア(L) 14STLC2000S チュウカンG L 136番

ウォームシャフト以外ステラかヴァンキッシュのものに変わりました。

中間ギア(L)がステラのものなので、ドライブギアもステラと同じマイクロモジュールを搭載しています。

軽量化(15ツインパワー)

また、15ツインパワーの軽量化の目的で摺動子ガイドも交換すれば。

16ヴァンキッシュ C2000S

短縮コード:03497

摺動子ガイド(A) 14STL1000PGSSガイド A 99番

摺動子ガイド(B) 14STL1000PGSSガイド B 100番

恐らく、素材がステンレスとアルミの違いがあると思います。

一応ステラも見ておくと。

14ステラ1000PGS

短縮コード:03238

ピニオンギア 14STL1000PGSピニオンギア 62番

ウォームシャフトギア 14STL1000PGSWシャフトギア 72番

ドライブギア組 14STL1000PGS Dギアクミ 75番

中間ギア(S) 14STL1000PGSチュウカンG S 109番

中間ギア(L) 14STL1000PGSチュウカンG L 111番

ウォームシャフト 14STL1000PGSウォームシャフト 112番

すべてステラのオリジナルパーツです。

カスタマイズのポイント

15ツインパワーの16ヴァンキッシュのギアへの交換や、ギア比の異なるギアの置換に関して、ウォームシャフトはそのままでいいということです。

なぜなら、ツインパワーもヴァンキッシュもすべて15TP1000PGSのものだから。

後、マイクロモジュール化をする為にギアを入れ替える場合は、16ヴァンキッシュ1000PGSはマイクロモジュールギアではないので注意してください。

結局、16ヴァンキッシュ1000PGSですが、ドライブギアと中間ギア(L)が15ツインパワーPGSと同じものであると確認出来ました。

そして、15ツインパワー1000PGSのマイクロモジュール化は、ドライブギアをマイクロモジュール化することはほぼ不可能です。

とりあえず、価格差をまとめておきました。

ピニオンギア

ピニオンギアについては、14ステラは短い設計の為、15ツインパワーや16ヴァンキッシュには流用できません。価格差は自重差と素材?の違いになるかと思います。

14ステラ:1,850円 16ヴァンキッシュ:1,850円 15ツインパワー:1,150円

ドライブギア

ドライブギアは14ステラが少し高いですが、1000PGSは15ツインパワーと16ヴァンキッシュ、C2000S・C2000HGSは16バンキッシュと14ステラがそれぞれ互換性があります。

14ステラ:3,600円 16ヴァンキッシュ:2,550円  15ツインパワー:2,550円

中間ギア(L)

中間ギアLはピニオンギアの形状に依存します。

14ステラ:850円 16ヴァンキッシュ:850円 15ツインパワー:850円

ウォームシャフト

ウォームシャフトは14ステラのみ単独で、16ヴァンキッシュと15ツインパワーは15ツインパワー1000PGSのもの。

14ステラ:1,050円 16ヴァンキッシュ:1,050円 15ツインパワー:1,050円

中間ギア(S)

14ステラと16ヴァンキッシュは共通です。

14ステラ:750円 16ヴァンキッシュ:750円 15ツインパワー:750円

ウォームシャフトギア

中間ギア(S)同様、14ステラと16ヴァンキッシュは共通です。

14ステラ:850円 16ヴァンキッシュ:850円15ツインパワー:550円

まとめ

以下の3点を基本的に入れ替えることでギア比を変えることが出来ます。

ドライブギア、ピニオンギア、中間ギアL

なお、1000PG化の場合は、16ヴァンキッシュでも15ツインパワーでもピニオンギア以外は同じパーツを使用するので、あえて16ヴァンキッシュのパーツを選ぶ必要はないです。

ピニオンギアが700円程の差がある為、PG化するのであれば、15ツインパワーから取る方が合理的。

C2000SやC2000HGSの場合、16ヴァンキッシュから3点パーツを取ることでマイクロモジュールギア化します。

15ツインパワーのウォームシャフトギアと中間ギアSは、マイクロモジュールギア化しています。未検証ですが価格差がある為、恐らく16ヴァンキッシュのウォームシャフトギアと中間ギアSとは、素材の違いがあると思われます。

スポンサーリンク
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー