カスタムレポート 16ストラディックCI4+ C2000S 1年半ぶりのフルオーバーホール!!!

スポンサーリンク

昨年の1月ごろに購入した16ストラディックをオーバーホールしました。

1年半ぶりにオーバーホールします。

スプール

スプールの手入れはシャワーで流すのみが多いのですが、今回は脱脂とグリスアップしてドラグをメンテナンスします。

ドラグワッシャーの洗浄

ドラグの利きが甘くなっていたので、脱脂とグリスアップを施しました。

パーツクリーナーでフェルトワッシャーを脱脂。

スプール側も。

乾かします。

グリスアップ

もちろんドラググリスDG01です。

ワッシャーにしみこませて完了。

ローター周辺

オイル、グリスが古いままだと固着しますので、分解清掃します。

分解洗浄

まずはスプール受けパーツを洗浄します。

既にベアリング化しています。

今回はオープン化して、徹底的に洗浄します。

ローター内部のベール返し部分のパーツを重点的に洗浄します。

アームカムの内側が汚いので、汚れをふき取ります。

面倒なので、パーツクリーナーを吹き付けました。

ラインローラーは、15ツインパワーから流用した一体型のものを搭載しています。少しカラカラ鳴る時があるのですが、細いラインだとそれほど気にならないので、使用しています。

洗浄完了です。

ベール研磨

チタンベールですが、少しキズがあるのでピカールで研磨します。

グリスアップ

ラインローラーですが、洗浄しても限界があるのですが、とりあえずシマノのグリス(DG13)で保護します。

ローター内部の可動部にもグリスアップして。

取り付け完了です。

ボディ内部

ではボディを開けます。

分解洗浄

少しオイルが古くなっていました。

全パーツをパーツクリーナーで洗浄します。

ベアリングオープン化

そしてベアリングをオープン化。

ハーフオープンからオープン化したことで、パーツクリーナーで吹き付けることで、汚れを落としやすくなりました。

ピニオンギア内部研磨

ピニオンギア内部の研磨を施します。

ピカールを綿棒に付けて、磨きます。

グリス・オイルアップ

ドライブギアはグリス(DG13)で。

その他はオイルを中心に、クロスギアはグリス(DG06)です。

ギアクリアランス調整

ドライブギアのワッシャーの枚数を調整しようと思いましたが、既にジャストでクリアランスなしでした。

ただ、少しハンドルのチャカ付きがあるので、これは反対側のクリアランスか、この機体特有のものかもしれません。

最終組み上げ

スプール受けを取り付けて。

完了です。

外観も綺麗になったし、何せ、巻き心地がしっとりしました。

3BB追加仕様で、元々かなり軽い巻き心地だったので、オイル、グリスの馴染む前の為、若干重く感じますが、フィーリングがシルキーになりました。

やっぱりいいリールです。

まとめ

1年から2年に一度はオーバーホールした方がいいですね。

巻き心地がいいからと言って、状態が良いとは限りませんし、特にボディ内部やローター内部のパーツの劣化や、オイル切れ等があると一気に状態が悪くなります。

なお、ベアリングのオープン化には賛否両論ありますが、定期的にボディを開けるメンテナンスをするのでしたら、オープン化しておいたほうがメンテナンスしやすいですね。

BB化について

スプール受けの部分はBB化をした方がいいかもしれませんが、クロスギア下部、摺動子内部のBB化した場合、状態が悪くなる可能性があるので慎重にした方がいいですね。

幸い、この個体はベアリング化では悪化せずに、巻きのフィーリングが良化(若干ですが)しています。

追加カスタム(7/26追記)

一気にフルカスタム化しました。

ラインローラー2BB化

15ツインパワーの一体型から変更。

18ナスキー500のラインローラーと10ステラのスペーサーとミネベアのBBを利用して、2BB化します。

4mm×5mmのシムを活用し、中央は8mmの厚みとします。

両端は1mmの厚みでOK。

変更後がこちら。

ソアレCI4+のスプールと交換

ソアレCI4+のスプールを装着します。

ストラディックCI4+のイメージカラーの赤からソアレのイメージカラーのゴールドオレンジ系へ。

ハンドル、ハンドルノブ交換

ハンドルは15ストラディック1000sのものを。

ハンドルノブは14ステラのものに。

40mmのハンドルと14ステラのハンドルノブは、非常に感度が良くてアジングに最高です。

ハンドルも赤が入っていないので、印象が大きく変わりますね。

リールスタンド

リールスタンドは、セフィアCI4+のスタンドでしょうか。

前モデルの夢屋のリールスタンドMと形は同じで、ガンメタカラーがストラディックCI4+にマッチします。

仕上がり

最終的な状態がこちら。

ガンメタとシルバーゴールド、ブラックと配色も非常によく。

カッコよく仕上がりました。

もちろん巻き心地も最高です。

スポンサーリンク
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー