当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

新品の24ツインパワーC5000XGの密巻き解除とハイスペックチューン(1)

スポンサーリンク

24ツインパワーの4000番が脱インフィニティループが可能だとわかったので、フィーリング向上のためにチューニングを行いました。

前回までの記事はこちら。

まずは軽量から。

計量

23ストラディックとの対比も後ほど。

まずはスプールから。

48.51g

ローターは62.76g

20TPと同じ金属製のローターですね。(20TPの4000番ローターが60.3gです。)

ハンドルノブなしで、21.36g

ボディが102.30g(密巻き解除状態でした。)

20TP4000番が105.6gでした。若干軽量化しているのかもしれませんね。

番手違いですが、20TP4000HMGの計量はこちらです。

スプールワッシャ(デュラクロス)

24ツインパワーですが、大型番手もデュラクロスになっています。もともとはカーボンクロスワッシャーですが、SW機と線引きをはっきりさせてきた感じです。

23ストラディックもカーボンクロスワッシャー搭載機はなさそうです。

ただ、これ、本当に新品なのか??

なぜこんなにワッシャが黒いんでしょうか。よくわからないもののとりあえず洗浄して、グリスアップしなおしました。

ハンドルノブ

C5000XGはラウンドノブを搭載しています。

ここは従来から大きな変更等は無いですね。

ローターナット

形状が合理的になっていると思います。何げにこの真鍮製のブッシュがベアリングより良かったりします。

ボディ精度が良いとベアリングの方が良いんですが、ここがベアリングである意味より、メインシャフトをスムーズにガイドする真鍮の方がトラブルが少なかったりします。

ベアリングだと錆びやざらつきの原因になったりしますし。

ラインローラー

従来のXプロテクトで一体型ラインローラーで同じですね。

ここは注油厳禁です。

ほぼメンテナンスフリーですね。(使用環境にもよりますが、何もしない方が長持ちしたり・・・。)

前半まとめ

リール上部のチェック、ボディの分解前に各部調整完了しました。前モデルより汎用機としての立ち位置がはっきりしているので、扱いやすくなっていると思います。

密巻きについては、技術面において個人差があったり、好みの問題で使いづらい方が一定数いるので、選択できるようになっていればよかったのかもしれません。

もしくは選択できるように調整した結果、中間ギア軸の通せる穴が残っているのかもしれませんし、下位機種の金型の開発のために事前にオシュレートスピード調整のためのテストを行った名残かもしれません。

どういう状況かはわかりませんが、次の記事で内部パーツの検証と用意するパーツを詳しくご紹介します。

ステラに搭載されている最先端の技術、インフィニティクロス、インフィニティドライブ、インフィニティループ、デュラクロス、アンチツイストフィンを搭載。

コメント

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031