当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

24ツインパワー 4000XGの密巻き(インフィニティループ)解除!!23ストラディックのパーツを移植!

スポンサーリンク

24ツインパワー4000番の密巻き(インフィニティループ)解除のテスト作業を行いました。

用意したのは23ストラディック4000XGと24ツインパワーC5000XGです。

密巻き解除の方法

24ツインパワー、23ヴァンキッシュの密巻き解除の検証は3回目となります。

2500番は実装可能です。

1000番は実装不可能となります。

4000番は実装可能となりました。また23ストラディック4000番の密巻き加工も問題なくできました。個別の分解と改造方法は別途紹介します。

ボディ内部のパーツを入れ替える

ボディをばらします。

若干設計が異なりますが、基本概念は同じです。

24ツインパワーはギアの耐摩耗性が強いです。

23ストラディックの方が摩耗に弱いですね。

中間ギア周りのパーツ構成が違う位で、個別のパーツはほぼ同じですが、同じものはほとんど使ってないように思います。

18ステラ世代との違いですね。19ストラディックは良くも悪くも上位機種と同じ共通パーツが共有されていました。

ただ、それぞれのパーツを入れ替えてもある程度動いてくれますので、別設計にする必要があったのかどうかはわかりません。

ボディのフレーム形状は異なりますが、密巻き解除のためのの軸の穴開け加工はすでにされています。

それぞれの要所となるポイントは同じということですね。

メインシャフトの素材が異なっていたり、摺動子ガイドがステンレスとアルミの違いだったり。

改造後の24ツインパワーのボディ内部

中間ギア大が中間ギアCの手前側に来ます。

もちろん、ウォームシャフトとウォームシャフトギアは23ストラディックのものを流用しています。

作業内容を言葉にするのは難しいですね。

改造後の23ストラディックのボディ内部

中間ギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトギアを移植しました。

こちらは24ツインパワーのパーツを入れ替えればポン付けできる訳ではなく、中間ギア軸が少し長いので、23ストラディック2500S(24TPでもOKです。)の中間ギア軸の流用が必要です。

加えて、軸が足りないので、バネを入れる必要があります。

もしくは4000番の軸を少し削ってやるという方法でも可能ではあります。

ベアリング抑え板の形状も異なるので、軸の抑えが甘いかもしれませんが、ここはまだ入れ替えの検証を行っておりません。

24ツインパワー4000番の密巻き解除のまとめ

取り急ぎ作業完了しました。

4000番密巻き解除ができることが分かりました。

2500番よりは簡単にできると思います。24TP、23ストラディックの改造内容の詳細は次週に紹介いたしますね。

24ツインパワー、なめらからな巻き心地です。

ステラに搭載されている最先端の技術、インフィニティクロス、インフィニティドライブ、インフィニティループ、デュラクロス、アンチツイストフィンを搭載。

23ストラディック、コスパが良い。

耐久性、耐摩耗性、巻き上げ力、トラブルの軽減、実釣において重要なリールのパフォーマンスが刷新されました。シマノがおくる、スピニングリールの「新基準」となる1台です。

コメント

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031