カスタムレポート 14ステラ2500HGS オーバーホール

スポンサーリンク

14年のステラをお預かりしました。

スプールが上下するときの最上部でコツコツとなるということでしたが、個人的には状態の良い綺麗なステラだと思います。ご依頼主様が丁寧に使っていることがわかります。

ウォームシャフピンの内部の調整で改善を図ります。あとは各部の調整でどこまで改善するか。

まずは19ストラディックからパーツを取ります。

ウォームシャフトピンカラーとOリングです。

白いカラーと黒いゴムです。

これを移植します。

確かにウォームシャフトの異音は認められましたが、結構シビアのレベルなので、パーツ交換でどう変化するか。

その他は特に不具合はないので、組付けの問題かもしれません。

ボディ内部はきれいな状態です。

分解。

ギア類の摩耗もほとんど見られないです。

少しオイル、グリスが多めです。

左が19ストラディック。右が14ステラです。

シム(0.2mm)を追加してクリアランスを調整しました。

ALL洗浄です。

ベアリングもきれいです。

ローラークラッチもばらします。

問題のウォームシャフトとピンにはDG06を添付。

中間ギアはナスカルブ。

ナスカルブは極圧剤が多いので少し重めの巻き感になりますが、馴染んでくるといい巻き心地になります。

ドライブギアには、IOSギアグリス。

ベリングにはIOSオイルPRO-01を添付します。

組み上げました。

が、実際は3回調整しました。

ハンドルの遊びがあるのでシムの調整を2度。

0.05mm追加するときつくて重くなるので、シムを交換し0.02mm程度厚さを足しました。

ローラークラッチの組み上げ。

ここも不具合は無いです。

全体の汚れはこの程度。

ほとんど汚れいないです。

引き続く、ハンドルの洗浄と注油。

スプールと分解洗浄。

ドラググリスの添付と組み上げ。

最後にローターの分解と清掃。

ローターのバランスが崩れていることも想定していましたが、特にバランスが悪い訳ではないので、アームカム側のクリアランス調整のみ行いました。

シムを1枚追加しています。

ローターを乗せて、回転のバランスとオイルの調整を行います。

調整完了しました。

こんないい方すると雑ですが、元の状態からどの程度良くなったか分からないレベルです。

一応、異音はしていないと思いますが、巻き感はギア馴染みでより良くなると思います。

オーナー様が丁寧な使用を心がけている個体で、メンテナンスが行き届いている印象でした。

クリアランスの調整を念入りに行ったので、ベール返りやハンドルの遊びは改善していると思います。

巻き感は少し重くなったかもしれませんが、使用とともに良化しますのでご了承いただければ幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー