カスタムレポート 15ツインパワー 4000XG オーバーホール(ハイパーチューン)

スポンサーリンク

15ツインパワーをお預かりしました。

14ステラの中間ギアを移植、フルベアリング化、DLCラインローラー2BB仕様のご依頼です!

分解・洗浄

サーフでご使用と聞いていたのですが、かなり状態が良いです!!

パーツを順番にばらしていきます。

ローラークラッチ。

ボディーガード。

海水の侵入などはなさそうです。

全体的に状態はいいですね。

塩ガミや砂が噛んでることもなし。

フリクションリングに圧を掛けるプラパーツ等も歪んでいません。

内部も綺麗です。

グリスもそれほどもりもりでもない。

摺動子、ウォームシャフトはグリスが劣化しています。

メインシャフトも汚れがあまり無い。

汚れ自体はあります。

ベアリングもグリスを完全に抜きました!

綺麗になりました。

ローラークラッチも不具合なし。

唯一青さびがありました。

ここはきれいにしました!

全部一気にばらしたのは久しぶりです。

基本的にはばらして組んで、また一部ばらして組んでの繰り返しなので。

スペースを取りますので。

ベール下がりの原因

不具合が1ヶ所御座いました。

ローターの一部(ベール取り付け部)が破損しており、ベール下がりになっています。

実際はそこまで下がっていないのですが、ベール返りや戻した際違和感がある状態となっています。

15ストラディック、15ツインパワーで多い症状です。

当然と言えば当然です。

特にツインパワーはボディがフルメタルでローターが樹脂なので、摩耗、劣化がどうしても早くなります。

その他はきれいだったので、純正ローターを発注でご了承いただきました。

14ステラ化?!

少し大げさですが、中間ギアをマイクロモジュール化、ウォームシャフトを上下BB化することで、巻き心地がステラに近づきます。

このカスタムは結構印象が変わりますね。

DLCラインローラー2BB化

一体型ラインローラーを分離タイプにデチューン。

10ステラ、13ステラSW4000等が代表的な構造です。12ヴァンキッシュはDLCラインローラーですが、1BB仕様。

不具合が出ても、ベアリングのみ交換できるのがコスパがよくていいですね。

組み上げ

IOSギアグリスしっとりとしたギア周り。

摺動子やウォームシャフトはシマノ純正グリスDG6です。

そして、一旦ベアリングはオイルで組みましたが、雑音もなくギア、ベアリング等はかなり状態がいいです。

その他、ハンドル等の露出部は、サビがあったりしましたが、

ハンドル等は研磨しており、サビ等を落としてしています。

綺麗になりました!

最後にスプール、ドラグノブ。

徹底的に・・・

洗浄します。

ドラグワッシャーはDG01ドラググリスで仕上げます。

スプールも完了です。

あとは、ローターの交換と内部、ケミカルの調整のみです。

ボディ内部はシムの調整は不要なレベルですが、少しピニオンギアが窮屈なので、ローターが届き次第シムの厚みを変更して微調整したいと思います。

ローター交換&調整(2020/9/5追記)

ローターが届きました。

ローターを組みなおします。

メッキパーツのクリアランス調整。

シムを追加。

ガタツキもなしです。

動きもスムーズになりました!

ピニオンギア上部のシムですが、0.05mm(右側)だと少し回転抵抗があるような印象なので、0.03mmのシムに変更します。

色の違いはステンレス製、もしくは銅製かですね。

ステンレスの方が硬いので、カチッとした印象になります。(普通は巻き比べても体感ではほとんどわかりませんが、シビアに詰めると感じるレベルです。)

ドライブギアの遊びが出たので、

0.01mmの外シムを追加します。

ボディとパーツ類のバランスが良いので、ピニオン上部のベアリング、メインシャフトはIOS-01のオイルチューンで仕上げました。

無事、調整完了です。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー