カスタムレポート 17サステイン C5000XG オーバーホール&ローラークラッチとウォームシャフト交換

スポンサーリンク

前回からパーツを調達して作業再開しました。

サステインの修理依頼です。 新品購入後、不具合がありシマノへ修理されたそうですが、最近ゴロゴロとなっているとのことです。 オ...

一応5点入手したので順番に確認していきます。

・ローラークラッチ

・ローラークラッチのネジ

・ウォームシャフト

・ボディ

・メインシャフト

ローラークラッチ交換

最大の可能性はローラークラッチのブレ。

しかし、純正のローラークラッチを発注しましたが、形状が微妙に異なります。左側がパーツとして取り寄せたもの。

ローラークラッチの蓋を固定するネジがナベネジになってしまっていて、このまま取り付けできないので、元々のネジを移植。

組んでみたところ、センターが取れているのか、滑らかな巻き心地になりました!

ただ、リールを傾けるとゴロゴロとするような・・・・。

このままだと終われないので、ボディのゆがみを検証します。

左側が新しいボディです。

入れ替えましたがほとんど変わりませんでした。

シムが多くて少しきつくなってしまう為、巻き感が悪化しますが、ボディの原因ではないようです。

ボディを戻して、シムを改めて調整。0.05mmのシムを0.03mmに変えて僅かにガタが出るギリギリのレベルに調整。

巻きが滑らかですが、チャカつく感じになります。

ゴロツキの原因

スプールを乗せて、リール(ロッドがついて入ればロッドを立てる交代)を立てた際に顕著にゴロツキが出ます。これは、ピニオンギアのベアリング抑えがなくて、ローラークラッチで抑えているんですが、内部のギアがわずかに動くんですね。

その挙動を抑える為にシムを追加していますが、ウォームシャフトピンとウォームシャフトのノイズがローターとメインシャフトの重みが掛かり、ノイズとして出ている為だと思われます。

念のため交換して試しましたが、メインシャフト、ウォームシャフトもピンの入り具合も問題ないと思います。

ただ、ウォームシャフトに関しては、

交換した際にベアリングを追加してピンの圧を高くしてガタを取ってみたところ。

なんとか、かなりいい感じにまとまりました。

→元々のウォームシャフト周辺が少し重たく、抵抗があったので、中間ギア付近のグリスを極力減らして、抵抗を押させることでノイズが抑えられた形ですかね。

またローラークラッチの心出ししたので、元々のノイズ自体はかなり減りました。

ドライブギアとピニオンギアがきつすぎるとヒュンヒュンとなりますが、このタイプの欠点?というか特徴として、シム調整が効かないクリアランスがあるということです。

その為、シマノさんが調整した際に、以下2点のミスをしていた可能性があります。

・シムが強めに入っていた。

→正直、15ストラディック系統のボディはギリギリのところで止めるのが難しいです。そもそもが少しチャカつきます。

この調整に関していえば、18ステラの方が容易です。

・ローラークラッチの取り付けのミスしている。

軸がぶれたんですね。

ギアを交換した際に、新たに入れたギアの方がクリアランスが少し交換した方が大きく出たので、ギアの劣化もほとんどしていないと思われます。

この点も見立てが甘かったです。

申し訳ございませんでした。

交換したパーツ

時間が掛かりましたが、以下パーツを交換しました。

何とか仕上げることが出来ました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー

コメント

  1. 柴田任章 より:

    依頼主です。
    実釣テストしてきましたが、リーリング時のゴロゴロ感、直ってます!
    あえて引き抵抗の大きいルアーを使用したりもしてみましたが、大丈夫です。
    自分のリールがどのような感じで組まれているのか?画像付きで説明していただけるので、依頼した者にとっては状況がとても分かりやすく、安心できるので良いですね。
    大変お世話になりました。

    • ともにぃ より:

      ご依頼主様
      フィードバック頂き有難うございます。
      何とか仕上げることができて安心いたしました。
      また不具合や疑問点等ございましたら、ご連絡いただければ幸いです。

      宜しくお願い致します。