カスタムレポート 18エクスセンスCI4+ 4000MXG オーバーホール

スポンサーリンク

18エクスセンスCI4+ 4000MXGのオーバーホールのご依頼です。

アームカムの隙間が気になる、ドラグが出る際に音が出ないということでのご依頼。

ドラグサウンドが鳴らない原因

スプール内のピンがスプールをはじいて音が鳴るんですが、スプール受け、いわゆる音出しラチェット自体が回ってしまって、音が鳴らないという症状が大半です。

今回もそうでした。

ピンのテンションが強いので、緩めてやるだけです。

バネをより曲げてやり、ピンに掛かるテンションが少し緩んで試してみると鳴りました。

オーバーホール

では、オーバーホールです。

スプールとドラグノブから。

全バラシ。

組み上げ。

スプールも全バラシ。

内部を洗浄して。

ラインをまき直します。

続いてハンドル。

それほど汚れが強い訳ではなく、比較的綺麗な状態でした。

ローター付近です。

ここは汚れが強くて。

シム調整で隙間を埋めます。

0.05mmを入れました。

バッチリです。

こっちには0.1mmでOKでした。

最後にボディ内部。

持込パーツを交換。

ローラークラッチもばらして洗浄。

ボディ内部。

汚れはあります。

それ以外は問題なさそうでしたが。

バラして洗浄です。

ギアの摩耗もありますね。

ご依頼人様に確認し、ギアの交換は無しで調整することに。

ここはすでにBB化されています。

3*4*0.2のシムでテンションを調整。

気になったのが、摺動子とガイドの隙間。

大きな不具合は無いと思いますが、

半非接触?の状態なので巻き感度に影響する箇所ですね。

ギアはIOSギアグリスをたっぷりめに。

ウォームシャフトギアの上部に遊びがあるので、0.05mmのシムを追加。

写真には取っていませんが、反対側のウェーブワッシャー(0.1mm)をキャンセルしています。

僅かにウォームシャフトの圧が強く巻き感が重い印象なので、出来るだけストレスが掛からない様に調整。

摺動子ガイドにグリスを添付しましたが、後でふき取りました。

ベアリングはシマノ純正DG06、ウォームシャフトや中間ギアはボアードグリスで。

一度組んでバラシて、グリスの量をチェック。

これ以上だと重くなりますね。

ピニオンギアの下部のウェーブワッシャーもキャンセルします。

これで無駄なテンションが掛からない様になりました。このクラスだとウェーブワッシャーでもいいんですが、軽く仕上げたいということだったので、調整します。

ボディネジを交換(持込です)

組み上げ、ローターを付けて。

完了しました。

最後にラインを巻いてみて状態を確認。

ドラグ音、ローターの隙間は改善出来ました。

各部を徹底的に洗浄して綺麗にしたんですが、巻き感に関しては、お預かりした状態から良くなったかなというレベルです。

ご自身でシム調整もされているようで、実際ドライブギアのシムは調整不要でした。

ありがとうござました!

スポンサーリンク
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー

コメント

  1. koji0770 より:

    お世話様です。依頼主です。

    この度はお世話になりました。普段バラしたこと無いようなところまでOHして頂きありがとうございました。
    気になっていたところが調整して貰って精神衛生上安心して使えます。

    機会があればまた他のリールもお願いしたいとおもいますのでその際はよろしくお願い致します。

    • ともにぃ より:

      この度はご依頼有難うございました。
      ご自身でされているシム調整もバッチリで、非常に作業がはかどりました。
      フルメンテナンスが必要な機種等ございましたら、また宜しくお願い致します。