カスタムレポート 18ソアレBB C2000PGSS オーバーホール

スポンサーリンク

18ソアレBBお預かりしました。

巻き心地が良くないということで修理依頼です。

同時にご依頼いただいた16ナスキーの方が軽快ですね。

早速バラしていきます。

ゴロツキの原因

軽巻きチューンですが、巻き感を軽くする為の方法はいろいろありまして。ケミカルを調整するのもそうですし、クリアランスを適切に取るのもそうですし。

ただ、感度を上げながら巻き感を向上させるとなると、パーツと組付けの精度が重要になってきます。

バラしていきましたが、ローラークラッチがゴロゴロとした原因でもなし。

ボディ内部も綺麗なんです。

しかも購入されて数か月?のものなので、

まさかと思いましたが、ギアでした。

目視では分からないので、全バラシして洗浄。

ベアリングをすべて交換してから組付けます。

ギアはしっとり目にグリスを多めに。

ローラークラッチも洗浄して。

やっぱりベアリングじゃないんですよね。

おそらくギアなんですよね。

この時点ではボディのゆがみがある可能性もありますが、新品のギアを発注しました。

届くまでに各部をオーバーホールしておきます。

ほぼ新品と変わらないので、痛みも無いですが。

ハンドルも問題なし。

巻き心地に影響するポイントは無いです。

スプール、ドラグノブも洗浄。

ギアの到着を待つのみです。

ギア&メインシャフト交換&軽巻きチューン

お盆を挟んだのでかなりお待たせしました。

ギアが届きましたので、作業致します。

メインシャフトはストラディックCI4+の中古から取りました。

純正のメインシャフトだと10g越えですが。

ストラディックCI4+は5.3gと約半分の重さ。

メインシャフトを軽くすると巻きの印象がかなり変わりますね。

ギアにはIOSギアグリスを少し。

全体のグリスは少量で、オイルチューンで仕上げる予定でしたが、ウォームシャフトはシマノグリス。

ベアリングはボアードのLDG、中間ギアはナノトリートメントオイル。通常だと結構重めでも大丈夫なセッティングなんですが、ごく少量だけ。

続いてローラークラッチは玉抜きします。

組付けてみて。

ゴロゴロとした印象はなくなり、回転もスムーズになりました!

不具合ヶ所は、ベアリングのざらつきと、ピニオンギアのガタツキです。ピニオンギア上下にシムを追加します。

ウェーブワッシャーをキャンセルして、0.5(0.3+0.2)mmのシムを追加。ベアリングとピニオンの間にも0.05mmのシムを追加。

これでガタが無くなりました!

ベアリングは3点交換。

ピニオン上部のみ残すというのはあまりないですが、なぜかドライブギアの左右がいまいちだったので交換実施。

ローターが少し上に上がったので、スプールワッシャーを追加してラインのテーパーを調整しました。

ベアリング交換でシャラシャラした音もだいぶなくなりましたが、僅かにざらつきが残っています。パーツの感度が上がったので、以前だと気づかないノイズですね。

少し使用すると消失するノイズだと思います。

元の状態から考えるとだいぶ良くなりました。何とか仕上げることが出来て良かったです。

有難うございました!

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー