カスタムレポート 19ヴァンキッシュ C2000SSS フルチューニング(DLCラインローラーカスタム)

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュC2000SSSのチューニング依頼です。

作業内容は、以下です。

・DLCラインローラーカスタム(2BB化)

・ボディ組み直し(巻き感を軽くする)

・ウォームシャフト下部BB化

新品だということで、依頼内容でチューニングしていきます。

DLCラインローラーカスタム(2BB化)

10ステラのラインローラーとブッシュを流用します。

※13ステラSWの4000番でも同じですね。

ベアリングはミネベア製です。

シム類はほかにも使っていますが、クリアランス調整をして完了。

最後に回転テストをします。

ボディチューニング+BB化

ボディ内部ですが、重さの原因はこれですね。

メインシャフトにグリスが流れているので、少し抵抗があります。

一度洗浄します。

ベアリングはボアードのLDGをドライブギア左右にいれて、ピニオン上下にはIOS-01PROで仕上げます。

ウォームシャフト下部をBB化。

シム調整しないと、スプールのガタが大きくなります。またウェーブワッシャーキャンセルをします。

ここもウェーブワッシャーキャンセル。

ドライブギアには、ボアードのTHGを添付してみます。

少しクリアランスがあったので0.025mmのシムを追加。

まだいけそうなので、0.03mmのステンレスに変更。

組んでみて、違和感がありました。巻き重りが取れないんですね。ギアは軽いんですが、ベアリングとローター回転に少し抵抗がある状態。

ウェーブワッシャーキャンセルの際に、ピニオン上下で0.3mm+0.2mm(0.を1枚1+0.05を2枚)で組みましたが、0.05mm→0.025mmのシムへ交換。

これで抵抗が少し納まりました。

ベアリングもグリスからIOS-01PROに変更。

ギアは軽すぎるので、グリスをDELTAに変更。

回転とクリアランスはいい感じですが、初期状態のベアリングが最高だといいんですが、最近のシマノは個体差があるみたいです。

今回はスプール受けのベアリングが少しシャーシャー言いますね。

この辺は新品でも個体差がありますね。少しグリスを入れて出来る限り除去してみます。

最終調整

最後にラインローラーのテストです。

テーパーを直しました。

PE0.2号でテストしているので、ドラグ設定が緩いとテーパー化(先細り)になります。

エステルで巻く際は、スプールワッシャーを1枚抜いた方がいいかもしれません。

かなりライトな状態に仕上がりました。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー