カスタムレポート 15ツインパワーC3000HG ロングストロークスプールカスタム(後編)

スポンサーリンク

前回の記事はこちらです。

いつもご依頼いただき有難うございます。 またロングストロークスプール化の企画にご協力頂き感謝いたします。 15ツインパワ...

メインシャフトのネジを外す

摺動子のネジが硬すぎる話をしましたが、購入した工具はこれ。

エンジニアのネジザウルスZ。

潰れた・錆びた・固着したネジも、ガッチリつかんで回せます!

無事取れました。

このメインシャフトを流用します。

メインシャフト比較

上からC3000HG、16ストラディック2500HGS、3000HGMです。

ネジ穴から受け迄の長さ

C3000HG・・・57.62mm

ストラディックCI4+2500HGS・・・60.33mm(2.71mm長い!)

3000HGM・・・60.72mm(3.10mm長い!)

長さとしては、やはりストラディック2500HGSのものが良いです。

自重比較です。

C3000HG・・・2.7g

ストラディックCI4+2500HGS・・・2.8g

3000HGM・・・2.8g

ほぼ変わりません。自重による影響はないですね。

これを移植します。

交換パーツ到着

注文していたパーツが届いたので早速作業します。

15ツインパワー C3000HG 短縮コード:03370 121番 ピニオンギア

15ツインパワー C3000HG 短縮コード:03370 122番 ドライブギア組

ギア2点を交換。

それから20ツインパワーのドラグノブ。

20ツインパワーC3000MHG 短縮コード: 04141 1番 ドラグノブ組

パッキンが異なります。

パッキン以外の構造は同じです。

入れ替えると使えます。

14ステラパーツ移植

以下5点を交換です。

14ステラ C3000HG 短縮コード: 03446 74番 ウォームシャフトギア

14ステラ C3000HG 短縮コード: 03446 110番 摺動子ガイド(B)

14ステラ C3000HG 短縮コード: 03446 111番 中間ギア(S)

14ステラ C3000HG 短縮コード: 03446 113番 ウォームシャフト

14ステラ C3000HG 短縮コード: 03446 114番 摺動子ガイド

比較するとこの通り。

中間ギア(S)ウォームシャフトギアは真鍮製からジュラルミンに。歯の刻みは同じみたいです。摺動子ガイドもステンレス製からジュラルミン製に。

ウォームシャフトもステンレスからジュラルミンに。

14ステラの方が1回転多くなります。

加えてオシュレートがスローに気味になる訳ですね。

9.5gから

3.5gに。

内訳は以下です。

中間ギア 0.6g → 0.2g(マイナス 0.4g)

WSギア 1.8g → 0.6g(マイナス 1.2g)

Sガイド(A) 1.1g → 0.4g(マイナス 0.7g)

Sガイド(B) 1.1g → 0.5g(マイナス 0.6g)

Wシャフト 4.9g → 1.6g(マイナス 3.3g)

ウォームシャフトの自重がかなり軽くなります。

組み上げ

順番に組んでいきます。

ウォームシャフトをDG06、中間ギアはナノトリートメントオイルでチューニング。

ドライブギアはIOSギアグリス。

摺動子ガイドはIOS-PRO01を添付。

交換終了です。

問題点

思った通りかさ上げは出来ましたが、問題が1点。

スプールが干渉してしまう状態です。

0.25mmワッシャーを1枚入れてぎりぎり当たります。0.5mm入れれば問題ないんですが。

しかし、スプールで上部は、

約1mm程足りません・・・。

原因はローターの高さが低いことでした。

アームカムの長さが1mm以上長ければ、干渉せずに綺麗に巻き上げることが出来ますが、現状のままだと調整不能です。

あくまで方法論としては、スプールを削るか、ローターを削るしかないという状態・・・。

まとめ

いったんウォームシャフトとメインシャフトのみを元に戻しました。

申し訳御座いません。巻き感は非常に良くなったんですが、目的が果たせないままとなっております・・・。

2020/7/8追記

内部パーツ交換のオーバーホールでお返しすることでご了承いただきました。ご協力いただいたのに、仕上げることが出来ず申し訳御座いませんでした。

再度研究をしてから出直しです。何とか出来るかもしれないので!!

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー