大阪湾奧アジング フリーフォールへの反応

スポンサーリンク

マイポイントへ22時30分にエントリー。

少し雨がぱらついていましたが、比較的気温も寒すぎずに快適に出来ました。

外道ラッシュ

先週はシーバスでしたが、今週はタケノコメバルとキビレでした。

22:49

ステインピンクに反応。ボトムを攻めるとこいつが喰ってきますね。

テンションを緩めて落としていくと。

22:55

やっと本命です。

ただ、ボトム迄スローに落としてステイしていると。

23:01

またまたタケノコさん

結構大きいサイズのタケノコメバル。

23:26

これだけ大きいと結構引きますね。

フリーフォールのアタリの取り方

ポイントはフリーフォールでした。

0:08

フリーフォールで時々テンションをかけて、アタリを待ちます。

0:13

このテンションがアクションとなり、リアクションがあるようですね。

風がないことが幸いで、0.6gのジグヘッドを使用していたので、無風でないと難しいと思います。

ベビーサーディンで・・・

ワームローテーションします。

0:27

吸い込みぐんぐん引っ張っていきました。

かなり元気な個体です。

ベビーサーディンの本体を接続している、余っているつなぎのようなところをちぎって利用しました。

ボリュームがあり、ちぎって使えば、普通に使えますね。

結局マテリアルがいいのか、ガルプ液のおかげなのかわかりませんが、喰ってきます。

キビレ?

ベビーサーディンをフォールさせていると、着底前にヒットです。

アジではないなと思って合わせてみて、巻きあげてみると、キビレ??マチヌ??

どちらかわかりませんが、40cmクラスが掛かりました。

タモを持ってきていたのですが、シャフトが250cmなので海面に僅かに届かない為引き上げられず。

スリットに潜られて、ラインブレイクとなりました・・・。

吸い込みに合わせる

フリーフォールで吸い込みに合わせる方法はかなり難しいです。

1:24

フリーの最中もバイトがあるのかもしれませんが。

1:49

スレがかり。

かなり渋くなりました。

0.4gのジグヘッドなので、流れにドラフトさせて追加。

最後の1匹は。

1:55

リグを回収しょうとした際にひったくられるようなアタリ。

結構引きましたね。

フィッシュグリップのディノグリップラプターの全長が22.4cmなので 23cmくらいですかね。

釣果

アジ 6匹

タケノコメバル 4匹(20cm以上)

キビレ・チヌ? 40cmクラス 1枚

本命のアジは、フリーフォールへの反応が良く、数投でスレて、ワーム、ジグヘッドのローテーションを繰り返して数を増やしていきました。

マゴバチへの反応はすこぶる良く、喰いが渋い時でもマテリアルが柔らかいので、吸い込みを邪魔せずフッキングに持ち込めるのはいいですね。

定番カラーのピンクをスレに強いトーンに調色し、ケイムラとの相乗効果で口を使わないターゲットにもカラーで食わせる絶妙なバランス!

カーブフォールはスレやすいので、フリーフォールでアタリを取るのは難しいですが、時々テンションを掛けて、ラインスラッグのコントロールを上手くしてやると何とかかけることが出来ました。

かなりテクニカルな印象でしたが、潮回りも悪い中、比較的釣果を伸ばせたと思います。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー