大阪湾奧アジング アミパターン??小魚パターン??

スポンサーリンク

12月下旬に入り、なぜか気温も少し暖かくなってきたのでアジングリベンジです。

12/20と12/22に新ポイントでアジをゲットしましたが、その時の食性が非常に興味深かったんですよね。

アジングのセオリー

アジングでアジを釣るためには、

アジの居場所を見つけること と ベイトパターンを合わせること の2点のみを集中します。

まず、アジがいないと釣れません。

アジがいないポイントでキャストしても釣れないですし、そこにアジがいたとしても喰い気が無いと釣れません。つまり、そのアジが何を捕食しているか分かれば、後は比較的簡単に攻略出来ます。

パターンに合わせて、仕掛けとアクションを合わせるだけ。

アジの居場所を見つけること

12月の中旬から全然アジを釣っていないんです。

いつものマイポイントでは、根魚やキビレが遊んでくれるのですが、やっぱりアジングでアジを釣りたいじゃないですか。

いつも行っているマイポイントから少し足を延ばして、新たなポイントを開拓するために南港周辺迄移動しました。

そう、アジの居場所を見つけるには、足で稼ぐしかないです。

常夜灯、潮の流れがありアミが溜まるところなんかが狙い目です。

アミパターン

アミやプランクトン等を捕食しているときのアジングのアクションです。

簡単にいうと、軽めのジグヘッドとクリアー系のワーム等でほとんど巻かずにステイさせてバイトを誘発します。

12月20日(25時過ぎ頃)と12月22日(24時過ぎ頃)がアミパターンに入りました。

小魚パターン

アミパターンと真逆?と言えばちょっと違いますが、小魚を捕食している時のアジングアクションです。

ワームをただ巻きしたり、ダートさせたり、ただ巻きにトゥイッチを織り交ぜたりして誘います。

12月20日(24時頃)と12月22日の前半(20時から23時頃迄)が小魚パターンでした。

釣行記録(2018/12/20)

21時頃にマイポイントへエントリー。

最近、このポイントでアジが釣れないんです。

その為、あまり期待はしていなかったので。

25cm位のガシラ。

25cmくらいのサバ。

と、やっぱりアジが釣れないので、2時間過ぎてから移動しました。

南港大橋周辺へ

ここはかなりメジャーポイントです。

南港大橋です。

小魚パターン?

スローリトリーブで反応。

トゥイッチを入れてからリトリーブするとバイトが増えました。

レンジは表層から中層で、ジグヘッドは0.6gです。

護岸沿いにフォールでも喰ってきます。

リトリーブだけではなくて、

強めにトゥイッチを入れてもリアクションがあります。

かなり強弱をつけてテクニカルに誘っています。

立て続けに、15分程でアジが4匹!

少し喰い気が落ちたので、ジグヘッドを0.85gに変更。

すると、早速表層付近を早めのリトリーブでメバル!

ワームはオンスタックルデザインのマゴバチ。

カラーがマジカルピンクです。

アジもメバルもこのカラーに好反応です。

ジグヘッドを重めのセッティングした理由ですが、リトリーブスピードを上げやすいと判断したためです。

琥珀色に散りばめたレッドラメと蓄光ラメを採用しました。

ここで、ワームをローテーション。ガルプベビーサーディン2インチのパールホワイトにチェンジ。

その後、フォール中にサバ。

そして、スローリトリーブでセイゴ。

クリア系では反応が無かった2種が掛かりました。

アジが釣れないので、ワームをマゴバチに戻して、ステイで1匹追加。

またしてもスレたのか、沈黙したので。

クリア系でかつアミパターンと予想。ワームはソアレアジクネンにチェンジ。

これがハマり3投連続でアジ。

キャストでステイ。

同じく、キャストでステイ。

最後もキャストでステイ。

2時にストップフィッシングとなりました。

釣果

アジ 9匹

サバ 2本

メバル 1匹

ガシラ 1匹(リリース)

セイゴ 1本(リリース)

久しぶりのアジでした。

釣行記録(2018/12/22)

先日に続けて南港大橋です。

21時頃にエントリーしましたが、休みの日の夜はやはり人が入りますね。

以前と同様、表層にライズしているアジやセイゴが確認出来ます。

期待できると思っていましたが、簡単にはいかず。

パターンの見極め

1時間くらい色々試していましたが。

リトリーブしているとチェイスしてくるんですが、喰い込まない。着水と同時にバイトがあったり、トゥイッチにリアクションがあるものの喰い込みが浅くバレる。

何とか1匹掛かったんですが、オレンジカラーが一番反応が良かったです。

なお、最もチェイスしてくる個体が多かったワームは、ノイケ ウォブルシャッド ニンジャ 2インチでした。

喰わせられなかったのは、ワームが大きすぎたのかもしれません。

シャッドテールへのリアクションが良かったので、小さいテール付のワームがあれば面白かったかもしれません。

アミパターン

釣果が伸びない中、答えはアミパターンでした。

0時を過ぎてすぐに。

連投でヒット!

素晴らしい喰いっぷりです。

セットしたジグヘッドは、ヤリエのアジメバアーミー0.4g。

ワームは定番のマゴバチステインピンクでした。

定番カラーのピンクをスレに強いトーンに調色し、ケイムラとの相乗効果で口を使わないターゲットにもカラーで食わせる絶妙なバランス!

アクションですが、単にテンションフォールで全く何もしないで放置で掛かりました。続かない理由は、潮の流れによってパターンがランダムに変わるようですね。

釣果

この3匹で終了でした。

パターンの見極めが重要ですね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー