和歌山青岸にてフカセ釣りでパワーモンスター!コブダイが降臨!!

スポンサーリンク

大晦日前日、朝の6時から青岸へフカセ釣りに行きました。

今日ももちろんチヌ狙いです。

コマセの準備

フカセのためにオキアミブロックを解凍します。冬場は溶けづらいですね。オキアミを溶かしながらチヌの宿を少しずつ混ぜます。

チヌの宿は、お値段も安いし、結構魚も集まってくれます。自分の中では実績のある集魚剤の一つですね。とは言っても、始めたばかりなので、そんなに参考にはならないですが、安くて使いやすいっていうのは正義ですね。

チヌの宿

海水を入れすぎると後でベチャベチャになるので、溶かしながら混ぜていきます。完全に溶けてから、海水で硬さを調整して馴染ませていきます。

オキアミが溶けるまで、とりあえずワインドしてみました。

初タチウオゲット

早速ルアーをキャストします。

ぼーっとしてたので、ヒットの瞬間ドキッとしました。

待望のアタリ!!!

ソッコーで巻いて巻いて、70センチのタチウオをぶっこ抜きました!

初タチウオ

タチウオ初ゲットです!

エコギアパワーダートヘッドにパワーダートミノーのミッドナイトグロウで食ってきました。

パワーダートミノー

結構明るい時間でしたが、こんな感じで釣れるんですね。

ガツンと来たのでびっくりしました。なんとも言えないアタリですね。

そうこうしているうちに、オキアミが無事溶けたので、アオイソメとオキアミを交互に付けてフカセ釣りを開始しました。

強烈なアタリの主は?

かなりの大きいサイズを3度ほどバラし、釣り上げた針を見るとこんな感じになっていました。噛む力が半端ないことがわかります。完全に曲がってますよね?

カンダイに曲げらた伊勢尼ハリ

一体、正体は?何?

一応、最終的には釣り上げることが出来ました。

それにしても、

1度目は、ハリスを切られ・・・(ハリスをもぎ取っていく感じです。)

2度目は、根に潜られ・・・(根に張り付いたままびくともしないです。)

最後は、道糸をぶち切られた。正体が速く見たい。普通、2号のナイロンが高切れします?

足元の海底にいるのはわかっているけど、道糸2号をぶった切っていくモンスターは一体?

モンスターゲット

アオイソメを流していると、みごとフッキングしました。今度こそ、根から浮かせて、ハリスを切られぬよう、ハリスを3号のナイロンでセッティングしています。

道糸が2号とハリスより細いので心配ですが、何とか根から浮かせて、ドラグが出ていくのを何とか最小限に抑えて。

根に張り付いてびくともしないモンスターは??

チヌを釣ったことが無かったので、馬鹿でかいチヌだと思っていましたが??上がってきたのは、こいつです。

40cmのカンダイ

正体はカンダイ(コブダイ)でした。

40㎝のカンダイ。

本日は初めて尽くしです。

確か、何かの釣果報告で、青岸でカンダイが上がっているという記事を見ました。今日まさに、青岸でカンダイが上がっていることを実感できました。その後、引き続き、2匹目のカンダイを狙いますが、ガシラを1匹追加してアタリが無くなったので納竿としました。

もう一匹釣りたいので、明日リベンジします。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー