和歌山青岸で連日のフカセ釣り!2016年大晦日にコブダイゲットなるか?!

スポンサーリンク

今日は大晦日です。

昨日に引き続き、青岸にてフカセ釣りでコブダイを狙います。寒い中良く釣り出来るなと我ながら自分に感心してしまいます。

真冬のワインド

昨日と同様に、5時過ぎからワインド。

昨日はたまたま回遊があったのかもしれません。今日は2時間ほど投げ倒しましたが、アタリすらありませんでした。

早速フカセ釣りの用意をします。

フカセ釣り開始

チヌフカセの仕掛け。

道糸を3号のハリス用を巻き直し、力糸にします。コマセはオキアミとチヌ用の集魚剤を混ぜます。

もちろんチヌの宿です。

さし餌はオキアミとアオイソメで、昨日と全く同じです。

釣行結果

さて今回はどうか。7時に竿を出しましたがアタリなしです。

ただ餌取りが連発します。

はこふぐ 3匹

フグ

ガシラ 5匹

ガシラ

ゴンズイ 3匹

そして極めつけが、12時過ぎにボラ

ボラ

55㎝位でした。

さすがボラ、結構引きますね。

本命ゲット

その時が来ました!!13時位に微妙なアタリあり。

合わせて巻き上げるとコブダイでサイズは37㎝と昨日より少しサイズダウンしたので、写真はには収めていないです。昨日の方が若干おおきかったですね。

ただ、昨日はシーバスロッドでの釣果でしたが、今日は3号の磯竿で釣り上げることが出来ました!!

防波堤サビキ3号

4.5mの磯竿です。

サビキでも使えるのがいいです。

サビキと書いているので、サビキ専用ですけど、サビキだけじゃなくタチウオのウキ釣りや簡単なちょい投げでも使えます。オモリも10号(37.5g)迄は投げられるので、サビキとか投げ釣りとか一本でまとめたい方は3号の磯竿がいいと思います。

安くて便利ですよ。

青岸の海底の形状について

隣で紀州釣りをしていた人が言うには、波止から先に行くと捨て石で根掛かりがすごいそうです。沖に向かって10mくらいまで駆け上がりになっていて、水深も10mくらいあるそう。

手前は、5mくらいなので、底釣りは注意してやらないと根掛かりする。実際自分も結構根掛かりに悩まされました。

チヌは防波堤の真ん中位に位置している、段差がある所が絶好のポイントだそうです。

たまたまですが、自分はこの段差のところにいました。そして、今日もハリスは2度切られ、一度根に潜られてます。

恐らくコブダイですね。

コブダイ用のタックル

正直なところ、チヌ用のタックルだと大きいカンダイだと釣れないようです。ネットでは十分な情報のあるターゲットではないのですが、時間をかけて調べてみました。

セッティング例を以下に記載します。

竿(ロッド)

根から一気に引き離す必要があるので、相当な粘りが必要です。

フカセ釣り等は通常1号から2号位の磯竿を使うと思いますが、これだと60cmオーバーのカンダイだとまず引き剥がせないと思われます。

磯竿を最低でも3号は用意した方が良いと思います。

チヌ狙いで掛かる魚なので、チヌ狙いでライン太く、ロッドの強度を高くして狙う方向でも、十分に対応できるかもしれません。

道糸(ライン)

チヌの場合は、太くて2号位だと思いますが、カンダイの場合は5号は最低でも欲しいです。

合わせるハリス自体に5号以上の強度が必要なので、ハリスより強度を持たせるセッティングにする場合は、8号位までで力糸を巻くか、PEラインの2号位で勝負したいところです。

ハリス(リーダー)

これは最低でも5号、安全圏として8号のナイロンハリスが良いと思います。根が荒いところだとフロロカーボンのほうがいいです。ロッドで引き剥がせると、根スレでブレイクは減ると思いますので、ロッドのスペックに合わせて調整してください。

オモリ(シンカー)

フカセ釣りの場合は、1号位までの重さで調整してウキ釣りが好ましいです。

食い込みがわかりやすい魚ではないので、繊細なアタリが取れるほうが釣果が結び付くと思います。エサをどうするかで決めればいいでしょう。

エサ(ベイト)

牡蠣やアケミ貝が良いみたいです。

この場合はぶっこみ釣りでもいいと思います。なお、アオイソメやオキアミでも食ってくるようです。

まとめ

正直、本日で2匹目なので、まだまだですが、これから仕掛け等を工夫して、ポイントを探しながらたまに釣れれば面白いなと思います。

和歌山北部や、兵庫の明石、淡路島の方で釣果があるので、大阪府内で釣るのは難しいかもしれません。

ポイントの開拓も重要な釣りですね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー