淀川キビレゲーム ドリフトパターン

スポンサーリンク

いつものポイントへ20時にエントリーしました。

若潮でちょうど満潮上げどまりが続く日です。

ドリフトパターンの攻略

潮流に応じた仕掛け、攻め方を考えてみました。いつもはワーム個体のスペックを重視していました。しかし、キビレは基本的には誘いで釣れると最近感じています。

匂い付きのワームに反応するのは、一時的だったりするので、アクションで食わせることが出来れば、釣果に繋がります。今日はその点を意識しました。

潮・流れを読む

潮の流れがほとんどないのか、川の流れが強く出ています。長潮・若潮ですが、結構流れがあるので、釣果に期待できそうです。

タイドグラフ(潮見表)を見る限り、今日は夜の干潮がないので、だらだらとした潮でと思います。恐らく数時間は潮の状況は変わらないでしょう。

風を読む

先日は風が河口から上流へ吹き上げていましたが、今日は真逆です。

河口へ風が吹き下ろしている為、先日のようにドリフトするのは、相当難しい。

なお、今日はアジング用タックルなので、シンカーをどうするか、ワームサイズをどうするか悩みます。

本日の釣果

10バイト、5ヒット、3キャッチといったところです。

一枚目は、35cmの良型です。

2gのバレットシンカーにガルプサンドワームの赤イソメのテキサスリグ。

風に乗せて、ドリフトさせずに、逆流させて、リフトアンドフォールでヒットです。着底と同時位なので、ほぼフリーフォールの際のバイトだと思います。

2枚目は、5gのバレットシンカーにNOIKE Yabby(ノイケヤビー)をテキサスリグをセッティングし、今度は風上側に、上流側へキャストして、ドリフトさせながら、トゥイッチ、リフトアンドフォールでバイトです。30cm位の個体でした。

リグを変えたのが正解でした。軽いリグだとキャストできないし、仮にキャストできたとしてもこれだけの風だと、ルアーが浮き上がってきてしまうという状態です。

3枚目も2枚目と同じセッティングです。42cmの両型です。

ドリフトさせながら、リトリーブスピードを少し早めてみたところ、ガツンとヒットです。アジングタックルの為、ドラグフリーなのでこの大きさだとぐんぐん走られます。ランディング迄おおよそ3分位でしょうか。難なくネットインしました。

本日のタックル

OGK ライトソルトゲームAJI 6.9
シマノ 13ナスキーc3000
アーマードs 0.4号
フロロカーボンリーダー 6lb
ガルプサンドワーム
NOIKE Yabby(ノイケヤビー)

2時間位で、アタリが取りにくい日でしたが、そこそこの結果で満足です。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー