淀川ブリームゲーム 夏の終わりアジングワームでキビレ☆グローバルウェーブソルトの使用感調査!

スポンサーリンク

4日ぶりの淀川ブリゲーです。

22時半頃にエントリーしました、半袖だと肌寒く感じるようになってきましたね。

ロッドに対する適正ライン

今日は、ライトタックルでの攻略ですが、ロッドはアジングロッドではなくグローバルウェーブソルトと呼ばれる汎用ロッドです。3.5gから14gまでのぼよぼよっとしたいわゆるバチシーバス用のロッドみたいな感じです。

https://erengeworks.com/impression/ogk-gws702mls-170928

このロッドの性能を確かめる為、メインラインとルアーをどう組み合わせると最もしっくりくるか。

メインラインの選択で、使用できるルアーのスペックが大きく変わってきます。ロッドのパフォーマンスを生かせる適正なラインを見極めるのが狙いです。

メインラインとシンカーのバランス

0.4号だと細すぎるのかどうか。

今回のタックル

ライン:デュエルアーマードS PE0.4号

リール:ナスキーc3000

リグ:テキサスリグ(シンカー:バレットシンカー 5g/フック:オフセットフック #4)、ジグヘッド2g

ワーム:ノイケヤビー、ベビードラゴン、カッティングベイト、フォールイカ、ファットスクリューテールグラブ

※前回、このロッドを使ったときはPE0.8号で使ってみました。

風が強いとラインが風に流されてしまい、感度が落ちてしまいます。

5gより重いとボトムへのコンタクトが速いため、リトリーブスピードも速くなってしまいます。

今回は0.4号のラインなので、実際シンカーサイズは、いったいどれが適正なのか。

2gのジグヘッドと5gのテキサスリグで探ってみました。

小潮で爆風のコンディション

この日は小潮で潮流による流れがほとんど無く、風は川から陸へ吹き上げており、いわゆる爆風の状態です。

最悪の状態と言ってもいいです。

ただ、ちょうどよい濁り具合で、クリアでもない感じ。ワームカラー何でも行けると思います。

本日、実際ヒットしたカラーはクリアーレッドとチャートイエローでした。

オフトファットスクリューテールグラブでセイゴ1本。

メジャークラフト ルアー パラワーム フォールイカでキビレ1枚、セイゴ1本の釣果でした。

2gジグヘッド+ファットスクリューテールグラブ

ジグヘッド2gにセッティングして使ってみましたが、ファットスクリューテールグラブだと根にはかからない様に誘えます。

ただ、如何せん風が強すぎるのと、今日は相性が悪いのか反応がなかったです。本日長がの出たフォールイカだと、ワームが細く軽い為、沈むスピードが速く、根にかかりやすいです。

ロッドアクションで根掛かりでのロストは何とか防げました。

23時7分

一本目のセイゴです。15cm位と本当にチビ。

5gテキサスリグ+カッティングベイト

pe0.4号にシンカーが5gだとロッドが柔らかいからか、ロッドがしなって反動が出てしまい、アクションさせずらいという結果でした。

またグラスの割合が多いためか、感度はそれほど良くないのかもしれません。適度なハリがあるのでライトワインドに向くと思います。ただ、今日は風が強すぎて、ボトムバンピングやシェイクもしずらいといった状態でした。

なお、1時間位投げ続けましたが全くあたりはありませんでした。

最近、食わせるのが、かなり難しくなってきましたね。

正直パターンとかではなくて、気まぐれと考えてルアーローテーションするしかないです。

2gジグヘッド+フォールイカ

フォールイカって、何でも食わせることが出来るみたいですね。

何とかキビレの口を使わせることが出来ました。アタリの時、吸い込む瞬間が感じられました。テキサスリグから、戻して20分位キャストしましたが、アタリが取れないし、風で全然飛ばないという状況でしたが、そんな中待望のキビレです。

0時25分

丸飲みです。

体高も分厚いし、腹もパンパンです。

37.5cmでした。

もう帰ろうかと思っていましたが、群れが来たのかと期待し、数投キャストしました。でもキビレに口を使わせられたのは、たまたまだったみたいです。

最後の1本はチビレです。

0時32分

最初のヤツと同じくらいちいさい。もしや最初のヤツでは?

根掛かりしたときの対処方法

淀川はゴロタ石が敷き詰められているので、根掛かりに悩まされました。

メインラインとシンカー、ルアー等によって異なりますが、基本的には根にかかる際の抵抗と、アタリとの違いが分かってくると根掛かりを減らせます。

根掛かり回避の方法は、

  • ロッドを立ててリトリーブすること
  • ラインスラッグを放置しないこと

です。

実際に根にかかってしまったら、キャストした逆側に回って、テンションをかけたり緩めたりすると外れるときがあります。

太目のラインであれば、フックを伸ばすように引っ張っても帰ってくることがあります。PE1号以上だとその可能性は上がりますが、それより強度が低いとリーダーで切れるか、リーダーとメインラインの接続部で切れてしまいますね。

今回はライトタックルなので、ブレイクする可能性が非常に高いですが。

まとめ

グローバルウェーブソルトというロッドは2gでも扱えますが、感度が高いとかではないので、あくまでロッドとしてキャスト出来てキャッチできるということですね。

やはり5gのシンカーは最低でも欲しいところ。

値段もお手頃なので、期待値通りではありますが。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー