淀川ブリームゲーム 若潮のド干潮でのロッドワーク

スポンサーリンク

今日も行ってきました!

淀川。

無風。

少し前まで寒かったですが、気温も快適でした。

ド干潮

言うまでもなくド干潮です。

しかも若潮なので、潮の動きはそんなになく。

非常にやりずらい潮ですが、風もないのでコンディションは悪くないです。ただ、時間帯からして淀川ではやりにくい潮位ですね。

22時過ぎから約1時間の釣行です。

ノイケ ウォブルシャッド ニンジャ

今日はこれを試す為に来ました。

2インチのワームです。

とりあえずキャストしてボトムを取ってダートさせると。

アタリですが、鱗が・・・。

たぶんボラですね。

ガルプ サンドワーム

5投位でロストしてしまったので、ボウズ逃れの為、例のヤツで一枚とります。

キャストすると早速アタリが・・・。

2投目も着水と同時にアタリがあり。

乗らないと思って、再度しゃくった瞬間・・・、ヒットです!

上あごにフッキング!

メジャーを忘れましたが、30cm位でしたね。

綺麗なキビレでした。引きもちょうど強くなってくるサイズですね。さすが、ガルプサンドワームです。

テキサスリグでニンジャ

同じく、テキサスリグもロストしてしまったので、テキサスリグスタイルで、ニンジャを試してみます。

10投もしない位で、

ゴンっ!というアタリがありました。

が、見ての通り。

フッキングせず。

ワームがずれただけでした。

小さなシルエットながら小気味良いテールアクションで強く魚にアピール

ちなみにこのテキサスもロストしてしまったので納竿しました。ほとんどゲームは出来ませんでしたが、何とか1枚取れてよかったです。

ロストとロッドワーク

ロストの原因は、潮が動いていないことと、無風であったことです。通常は逆のケースが多いかもしれませんが、理屈としてはこうです。

一つ目は、

風があると、ラインがなびいで引っ張られてルアーがボトムからはがれやすくなり、根掛かりが少なくなる。

二つ目は、

流れがあると、リールに重みが伝わったり、変化を感じ取りやすいので、根掛かりする前のタイミングでロッドをうまく操れる。

ちょっと変な理屈ですが、経験から間違いではないと思います。

実際に、浅すぎて、流れもなく、風も無いことで、沈みすぎる ので根掛かりが多発しました。

要するに、思っているよりレンジが下がるということです。

ロッドを立てて対応することで、レンジが上がりやすくなるので、概ね解決します。リトリーブスピード自体を早くすることでも良化しますが、結局ロッドの向きが非常に重要になります。

ハンドルノブを変えてみて

16ストラディックCI4+のノーマルハンドルからオフィスZPIのハンドルノブを変えてみてからの初めての釣行でした。

シンプルに、感度がいい。

本当にそれだけですね。単純に感度が上がった感じです。巻いている際も、高感度だと感じ取れる代物です。

ライトゲームにおいて外観以外に求めるものとしては、感度のみで十分。

先日、ZPIマシンカットアルミノブナロー(レッド)をメルカリで購入しました。 これで、ストラディックCI4+の外観のカスタマイ...

まとめ

シンプルにガルプサンドワームは非常に優秀なワームです。使い込めばもう少し釣果は伸びるでしょうが、針持ちが悪いのが少々難点。

ここまで干潮でも、釣果を出せるだけのポテンシャルを持っているワームですね。

オススメカラーは、レッド系ですね。

喰いが非常に良いカラーです。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー