淀川ブリームゲーム スナモグラーで今季初の年無しマチヌ(ブラックビッグモンスター)

スポンサーリンク

浜寺運河へ新規開拓に行ってきました。

今回で2度目で、2時間ほどキャストしましたが結局釣れなかったので、いつも通り淀川へ行ってきました。

ちょうど日が変わる頃にエントリーです。

今回もキビレ狙いです。

まずはチヌジグとベビードラゴン。

干潮時刻ですが、流れがすごい。

リバーゲームでの流れの攻略

リバーゲームで重要なことは、流れをうまく生かすことです。

今回は、ボトムゲームで根の荒い淀川の為、攻めのスタイルではなくルアーチェンジをしました。

流れを攻略するために重要なことは、無理なセッティングで続けないこと。

今回は、ボトムを取る際にルアーがドリフトしすぎるので、メインラインが根に掛かり、ルアーをロストするリスクが高まる為、ルアーチェンジをしました。

結論、流れに合わせたルアーを選択することが、良い釣果に繋がります。

シャローの攻略

ナダのビズラを投入します。

チヌ用のスピンテールジグです。

中層を責めるのにはもってこいですが、干潮の為ボトムノックしてしまいます。

シャローを攻略する為の鉄則も、先ほどと同じく、無理なルアーチョイス、ゲームの継続をしないこと。

ただルアーをロストするリスクが高まるだけです。ビズラに関しても、ロストを避ける為チェンジです。

テキサスダートスタイル

タックルは0.6号のPEなので、5gのテキサスリグのスタイルでやります。

ワームはオフトのパラパラスクイーという、3.5インチのイカをイミテートしたワーム。

キビレ、シーバスがが反応するかもと思い、購入してみました。

なお、リフト&フォールとボトムバンプさせてみましたが、アタリなしでした。

今日の本命、スナモグラーをセットします。

シェイクを織り交ぜて、ゆっくり巻いてくると。

正直、釣れないかもと覚悟していただけに、いいサイズのキビレが上がるとほっとします。

メジャーを車に忘れてきましたが、35cmはあると思います。

綺麗なキビレ。

ゆっくり巻いてきたら、アタリがありしっかり合わせてゲットです。

もう一本入れたいところ。

魚影が薄いのか、アタリがあまりありませんので、少しアクションを変えてみます。

連続ダートさせて、軽くステイ、ワインドのようなアクションを入れてみます。

ふわっと抵抗があり、バシッと合わせた所、フッキングしました。

根掛かりのような、ずっしりした重みが加わったかと思うと、

フッと軽くなり。

フックアウトしたかも、と思った瞬間・・・、

ジーーーー。

時々、ラインを出していきますが、重いだけで引きはそれほどでもない感じ。

マチヌであることはほぼ確定。そんなに大きくないかもと思って、上がってきた魚影を見て。

驚愕・・・。

デカい。

記録更新するか!?

あっ、でもメジャーくるまやんけ・・・。

ということで、マチヌをタモに入れて水につけたまま、メジャーを取りにダッシュしました!

計測するとサイズは51cm!

自己記録は52cmなので、もう少し!残念!

それにしても、頭がデカい!

結構ボロボロのボディ。

イカツイ顔つき。

唇にギリかかっていますね。

口がデカすぎて、

スナモグラーが小さく見えますね。

ワインドダート改め、テキサスダートですね。

かなり早いテンポでのダートで中層付近でフッキングしたものと思われます。

リアクションバイトを得ることが出来たということでしょうか。

1ヶ月以上スローにリーリングすることを意識していただけに、今回のアクションは思いつき、たまたまの発見でした。

ありがとう、ブラックビックモンスター。

タックルの限界点

リールは13ナスキーではなく、13セフィアのボディに13ナスキーのスプールをセット。

調子はかなり良くて、13ナスキーとは比ではありませんでした。

なおロッドは、グローバルウェーブソルト702MLSです。

何でも使えるロッドなので、感度が良すぎず、悪すぎず。

しかし、ブレが気になります。激安ロッドなのでそんなもんでしょうか。2,000円しないで買える時があるので、コスパはいいのですが、汎用性が高すぎますね。

最近OGKのグローバルウェーブソルト702MLSを購入しました。 十分に使い込めていないのですが、非常に安いのに十分に楽しめる...

何にでも使えるというのは、特徴がないということであって、専用ロッドとは異なり、特性を生かしたゲームが出来ないということです。

とりあえず、このロッドで出来ることは幅広いですが、初心者の技術の上達を遅らせることになると思います。私も初心者でこのロッドを手にして、5,000円以上のロッドを持ったことはありません。

なので正直、論理が正しいかわかりませんが、

恐らく専用スペックのロッドを手にした方が技術は向上しやすい

と思いますし、

ルアーをロストするリスク等も緩和する

と思います。

フックとワームとラインのバランスはバッチリでした。

チニング、ブリームゲームをするのでしたら、活チヌスナモグラは釣り場へ持って行った方がよいですよ。

なお、他のおすすめカラーはホヤイエローです。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー