淀川ブリームゲーム マイクロジグヘッドでのキビレの攻略

スポンサーリンク

今回高活性の兆しです。

前回、大き目ワームに反応が無かったので、今回はマイクロジグヘッドでの攻略となります。

満潮の1時間30分前にエントリーです。

マイクロジグヘッドでの攻略

下げ潮のタイミングでした。

かなり緩やかな流れで、風もなく静かな淀川です。

マイクロジグヘッドでの攻略方法を、実際のゲームをレポートしながら考察していきます。

ジグヘッドとワーム

今回は1.5gのジグヘッドです。

コモーランのロックベイトジグヘッドバークレーインチホッグ1.5インチをセッティングします。

ロックベイトジグヘッドの良いところは、軸が太く、シャンクが長いところですね。

キビレに噛まれても、基本的には折れることはないでしょう。

なお、バークレーインチホッグのグリーン系のカラーは最高です。

今回、インチホッグだけの結果だと5バイト2ヒット1キャッチでした。

ショートバイト対策

しかし、ショートバイトに悩まされて、ファーストキャッチは開始30分後の22:24でした。

ワームのサイズを上げても反応が無いため、ワームサイズを下げて、ショートバイトを取るため、丁寧に誘うとバイトは連発しますがなかなか乗りません。

なぜかというと、キビレのサイズが小さいのです。

この場合はシンプルに、フックサイズとワームサイズをさげてやるしか無いですね。

おそらく、ベイトがカニやフナムシなんだと思います。

キャスタビリティー

ロッドがアジングロッドで、ルアーウェイトが0.5~5gです。

ティップがチューブラーなので、比較的しゃっきりしており1~8g位は、難なく扱えるロッドですね。

夏場の淀川ブリームゲームですが、 使用するタックルは基本的には2種類でやっています。 1つ目は、重めのシンカーに太めのライン。ロ...

リールは、16ストラディックCI4+C2000Sで、0.3号のPEラインを巻いています。

アジング、メバリング用のライトゲーム専用機 として、16ストラディックCI4+ C2000Sを購入しました。 ファーストインプレッ...

アジングタックルによるライトブリームゲームなので、キャスタビリティーはまずまず投げることが出来ればOKです。

ただし、20mも飛ばないので、かなりシビアに攻める必要があります。

もし、岸に接岸していない場合は、ほぼアタリは無いでしょう。

ただ、淀川は岸から20m前後にルアーを落とし込み、スイムさせたりバンプさせてバイトを得るケースが多いので、基本的には問題が無いです。

ワームをローテーションする目的

ワームをローテーションする目的 は、

バイトパターンをつかむ為ローテーションでスレを回避する為 の2点です。

では早速、ライトワインドパターンでレスポンスがあるか検証します。

信頼のオンスタックルデザインのマナティ38ですがアタリなし。

リアクションバイトも無し。

ローテーションします。

ジャクソンのチヌコロクルー1.7インチにチェンジ。

ボトムすれすれを意識して、トゥイッチを入れて。

何投かキャストしていると、着水と同時にバイト!

バイトに気付かず、ひったくられて、オートフッキング状態でした。

22:50 2枚目ゲットです。

このサイズはやり取りし甲斐があります。

33cmです。

なぜか、キビレに関しては33~38cm位の個体がパワフルです。

40cmを超えてくると、自身の体が大きすぎるのか、巻き上げて来る際はずっしり重いのですが、大きさに比べてあまり走らない印象です。

チヌコロクルーを小さくして、フッキングをしやすくした結果ですね。

ワームが緩くなって1キャストの度にずれてしまうので、チェンジします。

メジャークラフトのファイティングクロー1.5インチです。

バイトっけがないので、すぐにチェンジ。

今季まだ釣果のない、ジャッカルのちびチヌムシ1.5インチ

3投目、ピックアップ直前にバイト!!!

23:24 3匹目はセイゴでした!

ほんと目の前でバイトなので、びっくりしました。

30cm超えなのですがまだまだ小さいです。

で、引き続きスローリトリーブで巻いていると、ヒットしましたが、・・・。

ラインブレイクしてしまいました。

リーダーはフロロ3LBだったんですが、痛んでいた箇所があったみたいです。おそらくキビレの40cmクラスだと思います。

残念です。

下げ潮で釣れない・・・

下げのタイミングのヒットを最後にアタリはぴたりと止みました。

最後ただ巻きパターンとして。

オフトのファットスクリューテールグラブをセッティングしますが、アタリは皆無になりました。

ワームの問題か、誘い方の問題か。

最近、下げ潮の際の喰いが一気に減退するパターンばかりです。

原因は不明ですが、今季の淀川は結果から上げのタイミングでエントリーし、満潮までのゲームメイクが良いようです。

結論

マイクロジグヘッドでのライトブリームゲームの優位性は、

スローなゲーム展開や、マイクロベイトにマッチするときに最適である

ということです。

なお、攻略としては以下が必須であると思います。

1.フックサイズに合うワームをそろえること

2.ランディングツールを用意すること

恐らく、あるんじゃないでしょうか。 大物がかかったけど、タモ網は車の中。 ランディングの重要性 ヒットさせた魚をキャッチするまで、釣っ...

3.感度の良いリールを使用すること

アジング、メバリング用のライトゲーム専用機 として、16ストラディックCI4+ C2000Sを購入しました。 ファーストインプレッ...

4.柔らかいロッドを使用すること

夏場の淀川ブリームゲームですが、 使用するタックルは基本的には2種類でやっています。 1つ目は、重めのシンカーに太めのライン。ロ...

是非参考にしてください。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー