いつもの場所でボウズ逃れ

スポンサーリンク

最近、淀川でも立て続けてボウズ続きです。

和歌山にタチウオ狙い来ましたが、やはり釣れない。

本当に釣れない。

ボウズ逃れのアイツ

ここで穴釣りをするのはもちろん、ボウズ逃れのためです。

ワームもいつものガルプサンドワーム。

開始10分で結果。

10分で結果が出る釣りですね。

ストラディックの感度だと非常にやりやすい。

さらに10分後にアタリがやるももの食い込まず。

さらに10分後。

2匹目。

いずれも15cm位なのでリリースです。

タチウオも、チヌも、シーバスも、青物も釣れないとなると、がっしーセンセーしかいませんよね。

安定の水軒テトラ。

水軒テトラ、ありがとう。

淀川での連続ロスト

最近は釣れないのに加え、ルアーをロストしまくってます。

淀川はやっぱり難しいですね。釣れだすと簡単なんですけど、それまではなかなか。

3月30日

夜、22時モアザンシリコンバイブをロスト。

3月31日

夕まづめ、TTリップレスミノーをロスト。

4月3日

夜、22時過ぎ、ローリングベイトをロスト。

釣果無しに加えて、一釣行ごとに1つのルアーをロストしてしまう状態。

TTリップレスミノーはヒット際にラインブレイクでしたが。

昨年より遅い?

昨年はすでにタチウオも釣れてました。

ショアジギングでもエソが釣れてましたし、エソも釣れてました。

チヌも、そろそろ上がってましたが今年は少ししんどい、、。

水温はちょっと遅れ気味なこと、黒潮が蛇行していることが影響しているみたいです。

今年はまだ、細々とした釣果なので、早く爆釣を体験したいところですね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー