煙樹ヶ浜でのショアプラッギング初釣果

スポンサーリンク

もうすぐ春ですね。

和歌山でタチウオが上がり始める季節です。

朝早く起きて、タチウオ狙いに行こうと画策していましたが、結局朝寝坊して朝まずめを逃しました。

もうちょっとくらい遠くなっても一緒だということで煙樹ヶ浜まで遠征に行ってきました。

大混雑の煙樹ヶ浜

到着したのが6時40分でした。

分かります??

10m置きに並んでいるのが。

この時間ですでに入る隙間ない状態。

場所を探すのにかなり歩きました・・・。20分位ですかね。

やっと入れそうな所があり、早速準備して初キャストが7時20分を過ぎていました。

今日の潮廻りは?

ちょうど大潮の満潮時刻です。

良い時に入れました。

潮が動き出すタイミングが狙い目ですね。9時から10時頃でしょうかね。

タイムリミットまで5時間はあるので、何とか釣果があるといいですが。

キャストしたルアー達

ジグとプラグと一部ワームです。

ターゲットは、青物とヒラメです。

青物狙いのジグ

ima gun吉 セグロ 30g

ima gun吉 ブルピン 30g

ima gun吉 イワシ 30g

メジャークラフトジグパラ ショート サクラピンク 30g

ヨーズリ ブランカ ピンクイワシ 28g

ヒラメ狙い

カプリスキッド 30g アカキン

エコギア 3Dジグヘッド 30g グロウピンク

エコギア パワーシャッド 5インチ 駿河ホットピンク

青物狙いのプラグ

ハードコアミノーヘビーシンキング110 クロームイワシ 35g

シャインショアライナー セットアッパー 125S-DR ゴールドレインボー

ジグを中心に順番にローテーションしました。

ジグのアクション

ボトム迄落として、ワンピッチジャーク

表層ただ巻き

中層からのただ巻き

ワンピッチジャークとフォールのローテーション

・・・etc

色々試しましたが、アタリっぽいのが一度のみ。

フォールからジャークしたときにラインスラッグでルアーに絡んだだけかもしれません。

その為バイトではないかもしれませんが。

プラグのアクション

基本的にはただ巻き。

たまにトゥイッチを入れてみたり、リフト&フォールを入れてみたり。

後は表層早巻きですね。

ヘビーシンキングミノーは沈む速度が速く、レンジ調整もやりやすいですが、セットアッパーは浮きやすい印象ですね。

巻いているときは浮き上がっては来ませんが。

初釣果

大体2時間くらいジグを投げて、プラグを投げて・・・。

今日もボウズかなと思った矢先。

思いつきで、表層早巻きをしてみたところ・・・。

ゴン!とヒット。

でも、小さいし、軽いなーと。何だろと上げてきたら。

初めてのダツでした。

ヒットルアーはヘビーシンキングミノー110のクロームマイワシでした。

50cm位。まあ釣れないよりはいいかと。

その後も粘りましたが、全く。

周りでもほとんど釣れている様子はありませんでした。

11時で疲れたので、納竿しました。

喰わせるために大切なこと

早巻きをした理由は、リアクションバイトを得ることです。

ねちねちボトムを攻めてましたが、全くだったので思考を変えて早巻きをしたところ思惑通り。

ダツだったんで不本意ではありますが、口を使わせることが出来ました。

なお、ロッドを寝かせてリトリーブしていたんですが、表層を意識して早巻きする為に、ロッドは少し立てて巻きました。

なお、使用したリールは、17サハラ4000XGなので、かなりのスピードで泳いでいたと思います。

結構な早巻きでしたが、全然喰ってくるんですね。

喰わせるためにやるべきことは、先入観を捨ててアクションを意識すること。

イメージと現実がマッチしたとき、釣果に繋がります。

今回は、釣れない中でのプラグの選択と早巻きの実行が結果的にうまくいきましたが、リアクションバイトを得るということはルアーフィッシングにおける基本だと実感しました。

それにしてもヘビーシンキングミノーは良いルアーですね。

特に、クロームマイワシはデイゲームに必須と言ってもいいくらいのカラーですね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー