和歌山遠征 田ノ浦でサビキとちょい投げ

スポンサーリンク

午前中は淀川でトップでチヌを狙いましたが、釣れずじまい。

仕方なくチヌ狙いはあきらめて、夕方豆アジの釣果が出ているので和歌山まで行ってきました。田ノ浦漁港ですが、人は少なめ。隣の雑賀崎漁港のほうが良かったみたいですね。

狙いはアジとカマス。

夕方の回遊に合わせてジグを投げたかったのですが、結局5時30分で納竿しました。

1時間30分の釣果となります。

サビキのサイズ

分かっていたんですが、結局サイズが合わず未釣果。

2号ハリではちょっと大きすぎたみたいです。

ということで、キスでも釣れないかと石ゴカイを持ってきたのでランガンしてみました。

石ゴカイでの餌釣り

仕掛けは0.3号のPEに2gのジグヘッド。

これに石ゴカイをつけてちょんちょん。

フグ。

良くうまくヒットしたもんです。

初めてシズ

結構引きましたね。

怒涛のフグ4連発でした。

ミニベッコウゾイ

キュウセン。

見えチヌがいたので、ここでもすかさずポッパーを投げましたが、もちろん・・・。

朝から狙えば釣れるかもしれないですね。

まとめ

今の田ノ浦漁港は人の少なさから、釣りやすいですが、釣果はあまり見込めないかも。

豆アジは時々釣れてたみたいですね。

隣の雑賀崎漁港の釣果がいいので、つられて上がってくるとは思いますが、今年は去年に比べて和歌山での釣果が悪い気がします。

淀川もキビレの魚影が薄い気がしますし。

早く本調子になればいいですね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー