青岸で太刀魚 フォールバイト

スポンサーリンク

昨日から引き続き、太刀魚狙いです。

早朝4時前に起床。4時30分青岸テトラにエントリーです。

中潮です。ちょうど上げのタイミング。

フォールバイト

昨日の釣行で少しばかり有効なアクションがわかりました。非常に単純な事でしたが、これがわかっていればある程度パターン化して食わせることができます。

まずはラインテンションをできる限り張り、フォール中はアタリに集中します。

アクションは、ぱん、ぱん、ぱん、フォール。の4拍子。これを1アクションとします。

「ぱん」という動作はジャークするというより、ロッドを下ろして、素早くロッドを立てる動作です。ラインスラッグが少し出るので、その分リトリーブします。

3アクションしたくらいで、フォールの時間を長めにとります。この時、タナがあっていると、バイトしてきますので、ロッドをたてるなり、リトリーブするなりして合わせに行きます。

アタリががっちり合うと、追い合わせをしてフッキングを確実にします。

ワンキャストでフォールの時間をどれだけ取れるかが、釣果にダイレクトに影響します。

ロストの嵐

開始前の準備している最中で、フィッシュグリップ(ハサミ)を海に落としました。

開始して、30分くらいは3Dジグヘッドでアタリをとりますが乗りません。活性が高くないのかと思っていましたが、キャストの際にリーダーが切れてロスト。

そして、本日最大のロストは、今日一番の太刀魚を上げた瞬間、ワイヤーリーダーが切れて太刀魚にジグヘッドが付いた状態でロスト。

ロストの嵐で踏んだり蹴ったりです。

本日の釣果

先ほど説明したフォールバイトの日です。パターン確定。

周囲は、ほとんど取れていない様子ですが、小さいサイズが噛みついてくるのもわかります。アタリっぱなしです。

結局、フッキングしたのは6本で、1本リリース、1本ジグヘッドごとロストでした。実釣時間は1時間位なので、夜通しやったら20本は釣れていたと思います。

明るくなるまではワインドで爆釣で、明るくなってからはスローワインド(3Dジグヘッドによるリフト&フォール)で1本だったので、自分の認識は、地合まではスローワインドで誘うべきという先入観がありました。

試してみるものですね。

(最後の一本、スローワインドです。)

ロストしたことで、ワインドをしたため結果オーライです。

フォールバイトを発見したのも、しゃくった後、放置していた時、ここっとアタる感覚があったので試してみたのがきっかけでした。

1本目 5:03 小さいのでリリースです。

1投目でヒット、ワインドでゲットです。

エコギア最強

エコギアパワーダートヘッドにパワーダートミノーです。

20gだとフォールが速いので、食い込み良かったですね。

カラーはミッドナイトグロウです。

サイズは75cm前後で、指3本位。

食い込みも引きもしっかりしていました。バイトの癖がわかると数釣りができますね。

7時過ぎまで、ジグを投げましたが、その後は続きませんでした。

サゴシとか釣れればなと思っていましたが、サゴシはまわりで1本だけ確認できました。水軒地の一文字のほうが、青物釣果が良さそうです。

まあ、粘っていれば、回遊が来ると思います。

なお、カマスもいましたが、食い込まず釣れませんでした。チェイスしてきてたのですが、食わせられないというか、ベイトサイズが合わないのか、アクションが合わないのか。

カマスのチェイスの時間は太刀魚の地合とかぶっていたと思うので、狙いを定めればこちらも釣れると思います。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー