助松埠頭沖向きテトラ 夕マズメの一瞬の地合い スローワインドでベルトサイズのタチウオゲット!

スポンサーリンク

今日は我慢できず、助松埠頭へ夕マズメタチウオワインドです。

ここ1週間全く釣れていないので、何とか1匹上げたい。17時前にエントリーです。

なぜ釣れなかったのか

単純に回遊の問題であると思われます。

もしくは、最近、一気に冷え込んだせいで、一時的に食い気が落ちたのかもしれません。

もしくは水質が悪化したんでしょうか。エイが死骸になって浮いていました。

正直な所、タチウオやサゴシに関しては接岸しないとそもそも釣れないので、水質の変化による食いが落ちたということではない様に思われます。ではやはり、水温の関係でしょうか。こればっかりは魚にしかわかりませんよね。

【2017/10/10追記】

後でわかったのですが、水潮で魚がいなかったという情報がありました。

この日の前日等は雨が降っていた為、水温が下がり、塩分濃度も下がり、護岸から離れてしまうというのが、水潮という現象だそうです。

ショアジギング不発

メタルジグを1時間位投げましたが、アタリがありません。サゴシの回遊も無いみたいです。隙間なく人がいましたが、17時頃は誰も釣れていませんでした。

釣れているときは、ハマチ・サゴシが上がっているので、この時間は一種のカケですね。回遊のある日にエントリーできれば、高確率でハマチ・サゴシがゲットできると思いますが、この日は全く持ってダメでした。

ワインドでリベンジ

今日は何とか1本キャッチできました。

それにしても渋いですね。

アタリ自体は4バイトでしたが、1本はアタリがあったのち、速攻でばれてしまいました。

恐らくバイトしてきたタチウオのサイズは大きかったと思われます。ばらした時のワームがこれです。

トレブルフックの所の先からちぎれています。完全にやられました。

このワームは、18時頃の地合いが到来した時に食いちぎられました。実際は地合いというより、ただの回遊かもしれません。横の方が1本ずつ上げていたので、その瞬間に回遊があって釣れただけかもしれません。

着水と同時に表層アクション

18時頃には、ワインドアクションの時にヒットしました。キャストしてからすぐにアクションさせたので、明らかに表層でのリアクションですね。

左右横隣りの方が、着水と同時に、恐らく表層でワインドアクションさせていたので、ヒットさせたのを確認して、表層でアクションを真似してみたら、自分もすぐにヒットしました。

しかししっかり乗ってこない・・・。

そして、ワームサイズとヘッドを少し小さいものに変えてやっとベルトサイズが掛かりました。

18:30頃です。

食い込んだ時はそこそこの型を期待していましたが、巻いている途中でかなり軽くなりました。途中バラしたのかな、と勘違いする位引き抵抗がなかったです。

アクションは、スローワインドですね。

1秒1シャクリ位のテンポでアクションさせて、フォール時にバイトがあり、その後のシャクリの際にフッキングする感じです。

先日交換した#1のトレブルフックにかかっていました。その後、2度程アタリかどうか微妙なバイトはありましたが、結局上げられたのは1本のみです。

指2本くらいのスモールサイズ。

ヒットルアー

ヒットルアーですが、パワーダートヘッド20g

パワーダートミノー105mmのミッドナイトグロウです。

あとは、自作したジグパラブン太のワインド用ジグヘッドカスタムと、パラワームのオールグロー3.5インチでした。

パラワームによる初釣果です。

ジグパラによるワインドチューンは、エコギアのヘッドよりアクションがいいのか、ヒットが多い気がします。

どうも!!こんにちは、ともにぃです。 初心者でも比較的簡単に結果が出るショアからのワインドゲームですが、ワインド用のジグヘッドって結構...

ルアーのローテーションを丁寧に行えば、ボウズは無いかもしれません。ただし、手返しが悪くなるので、爆釣も期待できない可能性はあります。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー