冬の大阪湾で魚は釣れるのか検証(その2)

スポンサーリンク

冬の大阪湾で魚は釣れるのか検証、2度目です。

13℃超え目前

やっと水温が上がってきましたが、まだ12.5℃なので、13℃は超えていない状態。4月に入り水温が上がってきましたが、3月は惨敗でした。例年通りの感じで、昨年はかなり暖冬だったことがわかります。

水温

20170404 9:08

釣行記録

3月後半から4月初旬にかけての釣行記録です。正直水温が真冬である、この時期の釣りが一番難しいかもしれません。

大阪湾 デイチニング&シーバスゲーム(2016年3月25日)

チニングとシーバスゲームを中心にランガンです。

大浜埠頭

土曜、夕方からデイチニングにて大浜埠頭へ。

アタリが無いため、移動します。

南港大橋

こちらもアタリなしで納竿です。

大阪湾 フカセ釣り(2016年3月26日)

今日はフカセ釣りで魚が釣れるか検証です。

花市場公園前

日曜日の11時頃、昼前から花市場公園前でフカセ釣り。

アタリなし。

人がいない。

ウキの反応なし。

移動します。

食品コンビナート

アオイソメがかじられる。フグか?

そこそこ人はいましたが、潮が赤黒いので、ちょっと無理かもしれませんね。また雨が降ってきた為、移動します。

貝塚港

その後、貝塚漁港、大浜埠頭、南港大橋へ行くもアタリなし。

淀川 ぶっこみ釣り(2017年3月27日)

月曜日、淀川へぶっこみ釣りを行うもアタリなし。

下げ潮で浮が流れるので、ぶっこみでないとウキ釣りは難しい。

淀川 ナイトチニング(2017年3月29日)

9時から11時までエントリー。

ボトム攻めでラバジグを2つロスト。

静ヘッドとR32でシーバス狙いも反応なし。

マーズR32での初釣果を出したいところですが、まだ釣果なしです。

サンドワームでも釣れない。

ちなみに、メイホウのバーサスは優秀なケースです。ガルプが漏れません!

もう液漏れとはおさらばです。「一瞬のスキも与えない」がコンセプトの何かと便利なバーサスのリキッドパックですが、今回携帯用に415サイズを購入したので3サイズ揃いました。安心の、メイドインジャパンです!!液漏れの原因これですよ。ガルプシリーズ

2インチのサンドワーム迄の大きさであれば、425のサイズがベストです。2インチ以上だと430がいいかもしれません。

帰り際に、マチヌを釣っているアングラー発見しました。

40㎝アップ位でした。自分も淀川で早く釣りたいです。

淀川 チニング&シーバッシング(2017年4月4日)

20時から23時まで、淀川でチニングをします。納竿しようと思い、最後のキャストでスピンテールを投げる。恐らく擦れ掛かりのボラがヒットしましたが、

・・・しかし。

フッキングが浅かったので、フックアウトしました。ここぞというときにフックが外れるという不運・・・。

結論

1回目から引き続き、大阪湾での3月の釣りに関して釣れるかどうか、検証結果が決定しました。

極論ではありますが、魚を釣るのは(ほぼ)不可能です。

ほんまに釣れん。誰か助けてほしいっす。

こんな時は釣りではなくて、道具の整理とか、ポイントの開発とか、いろいろすればいいんじゃねえかと思います。

いろいろすることはあるだろうし、ただ竿を出すだけが釣りじゃないです。

いや、間違えました・・・。竿を出すのが釣りです。

竿を出さなくても釣りは上達します。

いや、間違えた、竿を出さないとなかなか上達しません。この結果を生かして、必ず釣果に結び付けていきます!

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー