オーバーホール依頼 10セルテート 2506

スポンサーリンク

10セルテート2506のオーバーホール依頼です。

回転はスムーズなんですが、ノイズがあります。

オーバーホール

まずマグシールドがダメになっています。

この影響の為か、ワンウェイクラッチがゴロゴロです。

またまぐシールドプレートの接着剤がはがれてしまっています。

片側のみ瞬間接着剤で固定します。

またラインローラー部の若干固着気味です。

バラシて洗浄します。

ローターナットベアリングはザラツキがあるので交換します。

修復完了です。

続いてボディ内部。

ギアは大丈夫のようですが。

ベアリングが外れにくいですが、まだ外れる状態です。

洗浄します。

洗浄液の汚れ。

ノイズの原因はここだと思います。

オシュレーティングギアのワッシャーがゆがんでおりました。これがノイズの原因のようです。

折り目をなおしてからたいらにします。

オシュレーティングギアに痕があるので、ここも多少ノイズの影響がありますね。

交換した方がいいのかもしれません。

取り急ぎ組んでいきます。

ワンウェイクラッチを交換します。

マグシールドなしで調整します。

0.05mmのシムが入っていましたが、サイズが合わないので抜きました。

ガタを取るためにシム追加します。

マグオイルを充填します。

作業完了です。

ノイズはだいぶ消えました。少しチリチリとしたノイズがわずかに残ります。ベアリング類は状態が良かったため洗浄せずに再利用しています。

ありがとうございました!

再調整&ギア交換(4/13)

ノイズが出てくるということで再度依頼をいただきました。確かにノイズがあるので、SLPへパーツ交換依頼を行って帰ってきました。

まずギアですが、コロコロ感が出ています。交換するとコロコロ感はありません。

オシュレーティングギアWも交換します。

金属製が代替品ということでした。

シム調整が必要でした。

現状からシムを減らします。元々入っていたシム(0.05mm)を抜いて、0.01mm追加します。

依頼時点からだと、0.05mm抜き、0.025mm入れて、一度返却。

今回、0.05mm抜いて、0.01mm入れた状態ですので、元々から0.065mm分減らしたことになります。

巻きノイズが少し残りますが、だいぶ良くなりました。

マグオイルを充填して仕上げました。

スポンサーリンク
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー