オーバーホール依頼 13ステラSW 8000HG

スポンサーリンク

13ステラSW、14000XGに引き続き 8000HGのオーバーホールを行います。

巻いた印象だとウォームシャフトのノイズがありますね。

オーバーホール

まず、ローターナットが腐食しています。

ここから内部へ海水が浸食している可能性がございますね。

スプールにも腐食があります。

ザラツキをとりました。

ハンドル、スプール、ローターを洗浄します。

こちらの方が汚れが強いですね。

ローターナットベアリングのみ交換した方がいいですね。

高耐食ベアリングに交換します。

ローターナットは腐食があるのものの使えない状態ではないです。

ハンドルノブ、ラインローラーベアリングはグリッチオイル、ロサを添付しました。

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

ボディ内部です。

グリスが固まっていますね。

ウォームシャフトのグリスもかなり固くなっているようです。

ピニオンギアが焼けたようになっていました。各パーツが固着していたので、叩いてはずしました。

ベアリングは内部にはサビがないですが、ザラツキがあるので交換が必要ですね。

洗浄しました。

ボディ内部、汚れはあまりないですが、グリスが劣化している状態ですね。

ピニオンギアを研磨しました。

ウォームシャフトピンとベアリングが固着しています。

さびていたので交換します。

DG13でグリスアップです。

ウォームシャフトもDG13でグリスアップします。

ピニオンギアが焼けていた影響がローラークラッチインナーにも出ています。

研磨しました。

ローラークラッチはCHIMERAで仕上げます。

CHIMERAはミルスペック(アメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格)を上回る長寿命低揮発の油膜を維持、ヌル付きやベト付きなどの粘弾性を極力排除しサッパリとした質感のオイルとなっています。

作業完了しました。

若干シャリ感がありますが、ギアがわずかに消耗している可能性があります。ただ交換してもほとんどわからないレベルだと思います。

なお、ボディ内部のベアリングが若干使用感があります。ただ交換するとなると、高耐食、防錆ベアリングへの交換が必要となりかなりコスト感が高くなります。こちらは洗浄するとザラツキが出てしまうため、汚れはふき取り、シールド面のグリスアップをしました。

特に不具合というレベルではないためそのままとしています。

スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー