オーバーホール依頼 14ステラ 4000XG IOSケミカルチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュに引き続き14ステラ4000XGのオーバーホールです。こちらもIOSケミカルで仕上げます。

ギアノイズがありますが、それとは別の違和感が出ておりますね。

オーバーホール

ドラグワッシャーもそこそこの使用感が出ています。

ラインローラーも緑色に汚れています。

洗浄します。

ドラググリスですが、今度はデカくまを添付します。

かなりしっかりとした締まり具合になりますね。

戦略的なドラググリス「しろくま」を、さらに粘りを保たせてバワフルに。

ラインローラーですが、洗浄してIOS02を添付した所、特に異音もなく仕上がりました。

・IOS-02PRO は中高粘度(オイルの中ではかなり粘度の高い方です)

14ステラのラインローラーはメンテナンスが難しいですね。

ボディ内部です。

シールドが外されています。

グリスが変色していますね。

グリスの保護がうまくいっているようで、パーツの状態は比較的よさそうですね。

洗浄します。

よごれていますね。

ハンドル側が両面シールドはがしで、ボディ側は片面シールドはがしの状態ですね。

右ハンドルのオーナーさんでしょうか。

ピニオンギア下のOリングですが、すでに広がってしまっています。

スプールを止めた状態でハンドルを締め込むをOリングがピニオンギアスペーサーというパーツに乗っかってしまうんですね。

その為、内径が0.5mm小さいOリングに変更します。

IOSギアグリスを添付します。

ウォームシャフトと中間ギアはスミスリールグリスを添付します。

一度組みましたが、少しハンドルガタがあるんですよね。だからと言って0.01mmのシムを入れてみましたが、クリアランスは無くなるんですけど、ザラツキを拾ってしまいます。

ギアの消耗はそこまででもないので、シムは現状のままで再調整します。

カチカチ音が出るので、再度ばらしてみた所、ウォームシャフトと摺動子が緩んでいました。

ゆるみ止めを添付して、

ウォームシャフトピンは交換すれば改善するかなと思いましたが、ノイズの原因はここではなかったです。

中間ギア大の上部のクリアランスがありますが、

赤い枠の所ですね。

ウォームシャフトとピンが反転する際にここに当たる異音です。何もつけなくても異音が出ない場合もありますが、少しだけグリスを添付してやります。

ほんの少しでいいんですけど、グリスが少なすぎるとカチっと音が出たりします。シマノのDG06だとちょっと粘度が緩いので、スミスのリールグリス(さらっとしている)や、

完全に解消する場合はスーパールブ(粘性が高い)なんかがいいですね。

●合成ベースオイルに超微粒子PTFEを配合している高性能多目的グリースです。
●分離・硬化・乾燥がほとんどなくプラスチックやOリングにも安心して使用できます。

違和感はかなり解消しました。少しチャカつく時がありますが、あまりグリスを入れると重くなりますが、この辺のバランスは好みですね。

作業完了です。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー