カスタムレポート 16ヴァンキッシュ1000PGS&18ステラC2000S オーバーホール

スポンサーリンク

16ヴァンキッシュと18ステラの2台、オーバーホールの依頼頂きました。

オーバーホール 16ヴァンキッシュ 1000PGS

まずはヴァンキッシュから。

友人から譲り受けたのもので他の業者に依頼されたそうですが、巻きが重いとのことです。

早速バラしていきます。

2BB仕様、ラインローラーはグリスが多いですね。

ボディ内部もそうですが、オフショア用のカスタムのようなクラスのグリス使用量ですね。

ローターもすっきりさせます。

普通に回るようになりました。

問題なしです。

ローラークラッチですが、オイルが多い印象です。

ボディ内部はグリスがぎっしり。

ドライブギアも。

メインシャフトもグリスが付いています。

バラシ完了。

グリス汚れというかグリスそのものの色ですね。

中間ギアにシムを入れます。

仕上げます。

ドライブギアはIOSギアグリスで仕上げます。

組んで巻き感をテスト。

シムを減らしてテスト。

ピニオンギアにもシムを入れてみますが。

結局、シム調整はドライブギアの0.1mmのシムを1枚抜いて、3枚いれて調整。

ほとんどがケミカルの問題ですね。

ベアリングですが、洗浄してドライブギア左右はグリスチューンで、ピニオンギア上下はオイルチューンで仕上げました。

オーバーホール 18ステラ C2000S

続いて18ステラです。

新品購入後、こちらも同じ業者に出されたそうですが、巻き感は重いままだそうです。

非常に重いですね。

バラシていきます。

ハンドル、スプールは問題なし。

ラインローラーは2BB仕様です。

ヴァンキッシュと同じ状態ですね・・・。

アームカムの形状が異なるので、ラインローラー受けというパーツが通常は入りません。

その為、シムに交換します。

ローターは調整完了です。

ボディ内部です。

グリスが。。

メインシャフトも。

洗浄します。

グリスが多いですね。

ウェーブワッシャーをキャンセルします。

ウォームシャフト下部ですが、ここも平シムに変更です。

ピニオンギアのシムが分厚くてテンションが掛かっていました。

0.2mmのシムが入っていましたが、0.05mm分減らしてちょうど良いのでかなり巻き重りになっていました・・・。

ベアリングはフルオイルチューンですが、中間ギアはオイルチューンで組んでみて、ノイズがあったので僅かにスミスのリールグリスを足しています。

ウォームシャフトギアは緩めのグリスで仕上げています。

ドライブギアはIOSギアグリス、こちらにもスミスのリールグリスを少し足して粘度を調整しています。

ドライブギアはジャストなんですかね。

ガタがあるようにも感じますが、0.01mm詰めたらノイズが出るので、そのままとしておきました。

シム調整ミスとケミカルの選択が巻きの重さになっていました。

パーツ類の交換は極力せずにオーバーホールである程度改善できたと思います。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー