17コンプレックスCI4+ 2500S F6 オーバーホール

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

17コンプレックスCI4+2台オーバーホールのご依頼です。

まずは2500Sから作業いたします。ライン巻取り時にシュルシュルとノイズがするそうです。

一体型ラインローラーベアリングの交換

一体型ラインローラーですが、内部ベアリングがシュルシュルになっています。

分解してベアリングを交換します。

ラインローラー内部も少しさびがございますね。

本来は分解するものではないのですが、16ストラディックCI4+ベースのこの機種は、ラインローラーを分解して汎用ベアリングに交換可能です。

18ステラ以降からは、ベアリングの規格が変わっているので、分解して交換が少し難しくなります。

ローター、スプール、ハンドルを洗浄。

ハンドルノブのベアリングも2点交換します。

BOREDのNEMEAを添付します。

ドラググリスはDG01です。

ハンドルノブのシムを調整。0.20mm→0.15mmへ。

3点完了です。

ボディ内部のオーバーホール

ボディを開けます。

洗浄後の写真を撮り忘れてしまいました・・・。

パーツクリーナーで洗浄後、

超音波洗浄できれいに。

ベアリングは2点交換です。

ピニオンギア上部のみBOREDのLIGHT DUTYを添付。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ドライブギアベアリングはDG06でグリスアップ。

ウォームシャフト下にシムを追加します。

ドライブギアにはBOREDのALPHAを添付します。

仕上げです。

作業完了です。

若干ドライブギアが摩耗しているような感じもございますが、まだ表面の黒いアルマイトが削れてジュラルミンが露出している状態ではないため、交換しても大きな改善がないレベルかもしれません。

ベアリングのざらつきとケミカルバランス、シム調整でかさついた印象からなめらかな巻感に仕上がりました。

最後に、

ドラグワッシャーに消耗感がありましたので、

22ステラのデュラクロスに交換しました。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829