当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

巻き重りが強い18イグジストFC LT2500C-XHのオーバーホール(前編)

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

巻き重りが強く出ている18イグジストFC LT2500C-XHですが、中古で購入された個体で、すでにマグシールドレス化されており、OH済のものを入手したそうです。

触った感じ、これは。と思わずOH済?となる状態でした。

逆回転レバーが機能しない?

逆回転レバーがうまく駆動しないので、ローターを取りばらしていきます。

マグシールドプレートが磁石からアルミカラーへ変更されています。

で、レバーが無音だったのですが、分解すると外れました・・・。

このパーツは良く外れるそうで。。。

違和感があり?

マグシールドプレートの改造はOHした方が処理したんでしょうか。

リアキャップのねじを取ると、ワッシャーが曲がっています。

ピニオンギアが黒くなっていますね。

メインシャフトの摺動部。

オシレーティングギアのグリスの状態ですが、巻き重り感はここですかね。

ケミカルバランスが悪くて重くなってると思います。

ドライブギアのベアリングが乗る箇所に腐食あり。ピニオンギアに錆の痕跡あり。

ドライブギアも摩耗感が目視でわかる状態です。

ワンウェイクラッチの下の部分が少しさびています。

ワッシャーも少し腐食気味ですね。

前オーナーの方の使用環境が非常に過酷だったのかもしれません。

分解洗浄とベアリング交換

洗浄です。

洗浄液を見ても汚れがあまりないので、OH済みというのはあながち間違いではないと思います。

ただ、交換が必要なパーツはほとんど変わっていないと思います。

ベアリングは3点交換です。ピニオンギア上部は純正のCRBB、ピニオンギア下は高耐食ベアリング、ドライブギア左側はHRCBですね。

高耐食ベアリングのラインナップがないので、純正とヘッジホッグスタジオ製の防錆ベアリングに交換です。

くみ上げ

オシレートギア周りはBOREDのOMEGAとドライブギアはスーパールブで組みます。

組んでみて、巻き重り感は解消しましたが、ギアのゴロゴロが一切治らない・・・・。

シムがきついからか。と思ってテストしますが、シムの量は適切なようです。

これはギア交換、ストッパーレバーピンの交換が必要です。マグシールドプレートも改造されているので、こちらも交換必須ですね。

ローター、スプール周りの状態は?

スプールのドラグワッシャーもATDの機能が失われているような状態だと思います。

ラインローラーやハンドルは洗浄してオイル仕上げで行けそうですね。

いったんOH自体は行いましたが、現状だと不具合箇所が多いので、一度ご確認いただけると幸いです。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829