オーバーホール依頼 18ステラ 2500SHG ハイパーチューン(前編)

スポンサーリンク

18ステラ2500SHGのオーバーホール依頼です。

ガタツキが気になるので、ハイパフォーマンスチューンでの依頼です。

オーバーホール

バラシていきます。

ハンドルノブにザラツキありです。

シムもゆがみありで、変更します。

交換完了です。

ローター、スプールなどは不具合なしです。

続いてボディ内部です。

巻きガタの原因は・・・

まず内部のケミカルですが、添付して間がない感じですね。

中間ギア付近など、オイルがかなり多めです。

ドライブギア左右にシムが入っています。

外シムが0.1mmのものが1枚のみ。

センター出しするために左右にシムを入れているようです。

ピニオンギアも上部にシムを入れていますが、ガタつきを取るためだと思われます。

洗浄しました。

ウォームシャフト下部のシム調整。

中間ギアもシム交換します。

ウォームシャフト部ですが、スミスリールグリス、

ドライブギアをIOSギアグリスで仕上げます。

純正に近い構成組むとハンドルの遊びが無くなりますが、ザラツキが出ます。恐らくこのザラツキを嫌って左右にシムを入れているようです。

最終的にはドライブギアは0.2mm分のシムを入れました。

元々入っていた、0.03mmのシムと、外シムを0.04mm分追加します。

縦のガタを取ります。

ベアリングはオイルチューンですね。かなりドライ気味で洗浄したところザラツキがありました。

ボディベアリング4点交換しました。

ザラツキが残りますので、ギアが原因ではではないかもしれませんが、パーツが届き次第交換してテストしてみます。

ギアが届いたので再調整します。 ギアを交換してみるとノイズが若干少なくなるのが分かります。全体的な消耗があったと思われ...
スポンサーリンク
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー