当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

18ステラ4000XGのオーバーホール(前編)

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

18ステラ4000XGのオーバーホールです。最近ゴロゴロとしてきたということでご依頼いただきました。

確かにゴロゴロとしたフィーリングがあります。ざらつきはあまり感じないので、ギア交換が必要かどうかを作業しながら判断します。

ハンドルノブのベアリング交換

ローター周り、ハンドルをばらして洗浄します。

ドラグワッシャーはそこそこですが、まだ交換は不要ですね。

純正グリスを添付。

ハンドルノブベアリングはざらざらです。

ここは高耐食ベアリングに交換し、BOREDのBSLUを添付します。

ラインローラーは2BB化済みでした。LIGHTDUTYで仕上げました。

ボディ内部の状態は?

グリスは残っていますね。

ウォームシャフトはつるつるにグリスが抜けてます。

洗浄です。

ベアリング自体はノイズもあまりなく、ざらつきは出ていないものの、若干振れが出ています。

洗浄液の汚れです。

ベアリングにグリス充填、ギア消耗を確認

ベアリングは純正グリスを充填して、ピニオンギア上部のみBOREDのNEMEAを使用。

BOREDのDELTAに少しSIGMAを混合してくみ上げ。

摺動部はOMEGAですね。

きれいに磨いてからくみ上げ。

やはりギアが消耗していますね。

ゴロゴロとしたフィーリングはかなり改善しましたが、ギアの消耗のため完全には抜けないです。

現状はギア手配中となります。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829