当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 18ステラ C3000MHG ハイパーチューン

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

18ステラC3000MHGのハイパーチューン依頼です。

立て続けに同番手ですが、新品購入後初めてのOHの依頼です。

オーバーホール

ハンドルノブのザラツキとガタを取ります。

シム調整します。

シムが4*6*0.3mmと0.1mmが入っていますが、0.03mm分を追加。

ベアリング1点交換します。

ザラツキがあるので、再度シム調整します。

0.05mmへ変更します。

ベアリングノイズがありますね、2点交換します。

シムを変更します。

5*7mmのシムへ置換します。

ノイズとガタツキが取れました。

ラインローラーはすでにIOSのものに変更されています。

ベアリングはザラツキがあるので交換します。

ローター完了です。

ここまでの汚れです。

ボディ内部です。

グリスはきれいに残っていますね。

ガタツキが大きいとのことですが、ピニオン下のウェーブワッシャーがへたっていることから来るガタツキですね。

洗浄します。

シム調整します。

中間ギアは0.1mm。

ウォームシャフト下0.30mmでテストしてみて。

最終的には0.32mm。

ピニオンギア下ですが、0.43mmで調整します。

グリスアップして組みます。

BOREDのALPHAとOMEGAで仕上げます。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

組んでみてベアリングノイズがありました。

ボディ4点交換します。

使えないレベルではないんですが、全体的にザラツキがある感じです。

ピニオンギア下を再調整します。

0.44mm

0.45mm

0.46mm

あってきました。

あと、ドライブギアのガタがあるんですよね。でもザラツキが出そうです。

0.01mmを入れてみたんですが、やはりだめですね。

むしろギリギリで僅かに抜いた方がよさそうですが、抜くとガタがもっとひどくなります・・・。

ピニオンギア下ですが、0.47mmもテストしましたが、これはちょっとやりすぎで抵抗が出てしまいました。

最終的にはドライブギアはそのまま、ピニオンギア上のシムを抜いて、抜いた分0.03mm分を引いた0.43mmで完了しました。

ギアはそこまで使用感は感じませんので、そのままにしております。

ベアリングは8点交換の為、かなりスムーズになりました。そしてザラツキは感じくくなっていると思いますが、わずかにガタツキが残ります。

これを取る(シムを入れる)とザラツキがひどくなりますので、現状での使用が最善かと思われます。

比較的いい個体だと思いますし、巻き心地はいいのです。もう少しガタツキが取りたいんですが、0.01mm増減してみましたが、決まらないですね。

状態も良く調整がうまくいきましたが、もう一息という感じわずかに詰めきれなくなりました。

ありがとうございました。

コメント

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031