当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 18ステラ C3000MHG

スポンサーリンク

18ステラC3000MHGのオーバーホール依頼です。2台同一番手のご依頼となります。

少しザラツキが御座います。

オーバーホール

ボディ側から作業していきます。

インナーとカラーがくっついています。18ステラ初期のパーツはこうなりますが、特に不具合が起きたりはないと思います。

ボディ内部。

グリスのバランスはばっちりですね。

シム類も初期の組み上げにある構成ですね。

ピニオンギア上部にシムがはいっていますが(後で追加したのかもしれませんが)、ローターナットの締め込み調整が出来ます。

ベアリングのグリスが若干浮いています。

洗浄を終えました。

ドライブギア側のシムは0.15mmと0.03mmが2枚。
0.21mmですね。

汚れはそれほどないですね。

ベアリング3点交換です。

ザラツキの原因ですかね。そこまで大きな違和感はありませんが、ヘタっています。

BOREDのDELTAでグリスアップします。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

(すみません、写真がぼけてます。)

内部のウォームシャフトと中間ギアにはBOREDのTHETAです。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ボディを組みます。

ローターを分解。グリスが無いですね。ご自身で洗浄された後かもしれません。

ここもないですね。

スプールはグリスアップ済み、ハンドルも調整済みのようです。

ラインローラー内部は、IOS01PROで軸部に添付、

02PROでアームカムと座金周りに添付しています。

IOS-02PRO は中高粘度(オイルの中ではかなり粘度の高い方です)。IOSオイル最高レベルの極圧性と防水力を誇り、豪雨の中の釣りや炎天下のトーナメント競技や雷魚釣りなど、特に耐久性を求められるヘビーユースの釣りに最適です。

作業完了しました。

ウェーブワッシャーが少しヘタッていたので、テンションを調整しています。巻き心地は元々良かったのですが、さらに良くなりました。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930