オーバーホール依頼 19セルテート LT4000-CXH

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

18ステラC5000XGに引き続き19セルテートLT4000-CXHのオーバーホール依頼です。

水没、砂がローターに入ったので、洗浄されたそうです。ベール取り付けがいまいちで、下がりも確認できるとのこと。

オーバーホール

スプールを洗浄します。

ドラグワッシャーはそのままにしておきます。その他は洗浄しています。

ドラグノブも洗浄です。

ローターですが、若干下がっているような。

マグオイルが付着。

きっちりオイルが残っています。

不具合の原因はこれですね。

ブッシュが破損しています。取り付け時に歪んだんだと思われます。

洗浄します。途中までローターを組んでしまいました。

ラインローラーも洗浄してマグオイルを再度入れます。

ラインローラーベアリングは純正グリスを添付。

ハンドルノブのシムを変更します。

0.05mmのウェーブワッシャーですが、0.03mmのシムへ変更。シャラシャラ異音があるので、ベアリングを交換します。

ローター無事なおりました。

マグシールドプレートをチェックすると、砂(鉄粉)ですかね。

ボディ内部の状態です。

グリスバランスですが、若干グリスの量が多くなっていますが、適正範囲だと思います。

メインシャフトへのグリスもこの機種はグリスを入れた方が消音効果がありますね。

メインシャフトとオシレートの接続部は少し黒くなっていますね。

洗浄します。

マグオイルの色です。

ベアリングは純正グリスを添付します。

耐久性に優れたリール可動部専用グリス。SLP WORKS技術スタッフ陣が実際に使用しているグリス。

BOREDのOMEGAとSIGMAを添付します。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ドライブギアは微調整で、ALPHAを追加しています。メインシャフトにはTHETAを、オシレーティングギアにはALPHAとTHETAを混合して添付。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

マグオイルを充填します。

組みます。

高速回転だと少し、シュル感がありますが、ご依頼時とそこまで大きく変わりませんがしっとりとしたフィールに仕上がりました。

ありがとうざいました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829